ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 高齢者・障害者福祉等 > 高齢者の社会参画 > 広島県における高齢化率及び後期高齢化率について

広島県における高齢化率及び後期高齢化率について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月29日更新

 総務省から平成25年8月28日付けで公表された住民基本台帳(平成25年3月31日現在)に基づいて,広島県における高齢化率及び後期高齢化率などを算出しましたので,お知らせします。

広島県の総人口……………2,875,830人
65歳以上の高齢者人口………722,053人
高齢化率………………25.1%
75歳以上の後期高齢者人口…360,016人
後期高齢化率…………12.5%

※ 参考60歳以上の高齢者人口………946,299人
60歳以上人口比率……32.9%
 

※詳しい資料はページ下部の【ダウンロード】からご覧いただくことができます。

「高齢化率」・「後期高齢化率」について

 総人口に占める65歳以上の人の割合を「高齢化率」,総人口に占める75歳以上の人の割合を「後期高齢化率」といいます。 

ダウンロード

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ