ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県地域ケア体制整備構想の策定について

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

 広島県では、なじみの住まいで、なじみの人たちと、安らぎのあるくらしをめざして、平成19(2007)年12月「地域ケア体制整備構想」を策定しました。

 この構想は、療養病床の再編成を円滑に進め、高齢者が住みなれた地域で安心して生活できる体制づくりの方向性を示すものです。

 本構想は、「広島県保健医療計画」や「ひろしま高齢者プラン」などの県の関連計画に反映します。また、市町が策定する「老人福祉計画」などへこの構想が反映され、高齢者が地域で安心して生活できる体制づくりが行われるよう、市町に対して要請していきます。

※本構想は、ページ下部をダウンロードしてご覧いただくことができます。

ダウンロード

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする