ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農福連携マルシェの開催について

印刷用ページを表示する掲載日2018年3月14日

農福連携マルシェ1農福連携マルシェ2

本日,紙屋町シャレオ中央広場で農福連携マルシェを開催します。
広島県では初の試みです。
一般財団法人広島県森林整備・農業振興財団から農業技術や農産品の加工販売(6次産業化)へのアドバイザー派遣を受けている障害福祉事業所を中心に11事業所が参加します。
イベントも予定しています。見るだけでも構いませんので,是非、お立ち寄りくださいませ。

◆農福連携って?

農家の方々と障害のある方等が協働して農業をより盛り上げていこうという取組です。
農福連携には色々な連携の形がありますが、耕作放棄地の障害福祉事業所による活用や担い手の高齢化による労働力の枯渇に対する障害福祉事業所による人的支援など、色々な切り口での協働の試みがなされています。
また、農福連携は政府が掲げている
●一億総活躍プラン
●未来投資戦略2017
●働き方改革実行計画
にも取組を推進する項目として定められている、今後、成長が見込まれる注目の取組です。

◆マルシェって?

フランス語で「市場」の意味です。賑わいのある販売会にできればと考えています。

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする