ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 高齢者・障害者福祉等 > 障害者支援 > 広島県福祉のまちづくり条例のあらまし

広島県福祉のまちづくり条例のあらまし

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

だれもが住みよいまちづくり

表紙イラスト

※関連情報はページ下部の【関連情報】からご覧いただくことができます

はじめに

 広島県では、真に豊かな福祉社会の実現を目指し、すべての県民が、自らの意思で自由に行動し社会参加できる、だれもが住みよいまちをみんなでつくりあげるため、『福祉のまちづくり条例』を制定しています。
 この条例では、不特定多数の人が利用する建物、道路、公園などについて、スロープや手すりを設けることなどを定めて、すべての県民が安全で快適に生活できるまちづくりを進めることとしています。

 

担当

健康福祉局障害者支援課 fusyoushien@pref.hiroshima.lg.jp
都市局建築課 tokenchiku@pref.hiroshima.lg.jp
都市局都市企画課 tokikaku@pref.hiroshima.lg.jp


関連情報

ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ