ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 社会援護課 > 軍歴証明書の交付・軍歴資料の閲覧について

軍歴証明書の交付・軍歴資料の閲覧について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月24日更新

 旧陸軍の軍人・軍属であった方の軍歴資料のうち,広島県で保管しているものについて,軍歴証明書の交付及び閲覧を行っています。

1 広島県が保管している軍歴資料

旧陸軍軍人,軍属の方で,終戦当時(昭和20年8月15日)の本籍地が広島県であった方に関する資料を保管しています。
 ※ただし,戦火等により喪失しているものや,終戦間際の入隊で履歴が作成されていないものもあります。

兵籍簿の写真

2 交付・閲覧対象者

 交付・閲覧対象者は,原則として旧軍人,軍属本人です。ただし,本人死亡の場合は,本人の配偶者または三親等以内の親族に限定しています。
 

3 申請・閲覧をされる前に以下のことにご注意ください。

・ 軍歴等資料がない場合がありますので,資料の有無について,事前に電話等で確認が必要です。

  (対象者の氏名・生年月日・本籍地を調べたうえで連絡をしてください。)

・ 軍歴証明書の交付・軍歴資料の閲覧は,準備等のため,即日の対応が困難な場合があります。

・ ご来庁の場合,諸手続きにかかる所要時間は,約1時間前後です。

 ※申請に必要な戸籍や手数料の準備には料金がかかります。

 事前に用意されても無駄になってはいけないので,必ずお電話をください。

 援護恩給グループ 直通 (082)513-3036 

4 申請手続き

(1)直接来庁される場合,次のものを持参してください。

 ・印鑑

 ・手数料 700円(証明書1部につき)

 ・ご本人であることが確認できるもの(運転免許証,パスポート,健康保険証等)

 (注)証明を受ける方が故人の場合は,配偶者及び3親等以内の親族から請求ができますが,その場合は,本人との続柄が

 確認できる戸籍が必要です。

 (注)終戦や引揚げ後に改氏名をされている方は,変更が確認できる戸籍等も必要です。

 (2)郵送で依頼される場合,次のものを郵送してください。

 ・軍歴証明書交付申請書 (Wordファイル)(49KB)

 ・手数料 700円(証明書1部につき) ※ 郵便局で定額小為替を購入してください。

  ・ご本人であることが確認できるものの写し(運転免許証,パスポート,健康保険証等)

 (注)配偶者及び3親等以内の親族が請求者の場合は,本人との続柄が確認できる戸籍も同封してください。

 (注)終戦や引揚げ後に改氏名をされている方は,変更が確認できる戸籍等も必要です。

5 閲覧手続き

 事前に軍歴の有無を確認後,担当者と閲覧日時を調整したうえ,次のものを持参してください。

 ・印鑑

 ・ご本人であることが確認できるもの(運転免許証,パスポート,健康保険証等)

 (注)閲覧を受ける資料が故人の物の場合は,配偶者及び3親等以内の親族が閲覧できますが,その場合は,本人との続柄

 が確認できる戸籍が必要です。

 (注)終戦や引揚げ後に改氏名をされている方は,変更が確認できる戸籍等も必要です。

 ※閲覧の場合手数料は必要ありません。

閲覧場所 地図

6 旧海軍軍人の軍歴証明について

 旧海軍軍人については,厚生労働省が証明を行いますので,確認できる資料の有無や手続き方法等については,

直接お問い合わせください。

〒100-8016 東京都千代田区霞ヶ関1-2-2

 厚生労働省 

 社会・援護局 業務課 調査資料室

 電話(03)5253-1111 内線3484・3487


県政ピックアップ