ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

生活保護制度について

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

 家庭の生活を支えていた人の死亡・病気・事故などで収入がとだえ、自力で生活するための努力をしても、なお生活に困窮するときは、その程度に応じて必要な扶助が受けられます。

 1 保護の種類

 生活扶助、住宅扶助、教育扶助、介護扶助、医療扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助

2 問い合わせ先

各市区町福祉事務所、民生委員

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする