ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 地域福祉課 > 広島県収入証紙の廃止に伴う申請事務の取扱いについて

広島県収入証紙の廃止に伴う申請事務の取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月25日更新

 広島県では,平成25年11月から広島県収入証紙を廃止し,現金(又は納付書)による手数料納付に順次切り替えることとなりました。

 このため,県庁での広島県収入証紙の販売は,平成25年10月31日をもって廃止になりますが,県庁以外の広島県収入証紙販売所では,平成26年10月末日まで販売をしていますので,広島県収入証紙による従来の申請は可能です。

 なお,平成26年11月以降は,すべての広島県収入証紙販売所での販売を終了いたします。

【県庁以外の広島県収入証紙販売所】※県庁ホームページでご確認ください。

   ⇒トップページ> 組織でさがす> 会計総務課> 県の収入証紙を買うには

 県庁介護保険課が取り扱う申請書(証明事項を含む。)で,広島県収入証紙を使用されない場合の手数料納付は,次のとおり,県庁において現金による納付を行うか,又は,県が送付する納付書を使用し金融機関で納付するかのいずれかとなりますので,申請書を提出される際には,十分御注意ください。

 詳しくは,「広島県収入証紙の廃止に伴う申請事務に取扱いについて(通知)」をご覧ください。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ