ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 地域福祉課 > 地域密着型サービス外部評価について

地域密着型サービス外部評価について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月27日更新

地域密着型サービス外部評価

 地域密着型サービスのうち「認知症対応型共同生活介護」の事業者は,自ら提供するサービスの質の評価(自己評価)を行うとともに,外部による評価(外部評価)を受け,それらの結果を公表することが義務づけられております。
 広島県では,「自己評価」及び「外部評価」は,少なくとも年に1回実施することとしております。

◆自己評価
 各事業所が,自ら提供するサービスを評価・点検することにより,サービスの改善及び質の向上を目的として実施するものです。

◆外部評価
 都道府県が指定する外部評価機関が,事業所が行った自己評価結果に基づき,第三者の観点から,サービスの評価を行うことで,サービスの質の評価の客観性を高め,サービスの質の改善を図ります。

◆評価結果の公表
 評価結果は,各事業所,市町窓口及び地域包括支援センターにおいて,サービス利用者や利用希望者等に対して情報提供されます。
 下記リンクのWAMNETでも公開されております。

外部評価機関

 広島県では,地域密着型サービス外部評価機関を,次のとおり選定しています。

 ※地域密着型サービス事業者(小規模多機能型居宅及び認知症対応型共同生活介護)は,外部評価を受けようとするときは,この評価機関へ直接申し込んでください。  

  • 一般社団法人 広島県シルバーサービス振興会(広島市南区皆実町一丁目6番29号)
     電話082-254-9699
  • 特定非営利活動法人 あしすと(福山市平成台31番34号)
     電話084-959-3215
  • 特定非営利活動法人 FOOT&WORK(広島市安芸区中野東四丁目11番13号)
     電話082-892-1139
  • 一般社団法人みらい(福山市山手町1020番地3)
     電話084-983-1374

 手数料を含めて一覧表にしております。⇒  地域密着型サービス外部評価機関一覧 (PDFファイル)(99KB)

外部評価実施回数の特例

 外部評価は,少なくとも1年に1回実施することとされているが,次の適用要件を満たす場合は,外部評価の実施を2年に1回とすることができます。

◆特例となる要件

 (1)過去5年間外部評価を継続して実施していること。

 (2)自己評価及び外部評価結果(様式1)及び目標達成計画(様式2)を市町に提出していること。

 (3)運営推進会議が,過去1年間に6回以上開催されていること。

 (4)運営推進会議に,事業所の存する市町の職員又は地域包括支援センターの職員が出席していること。

 (5)自己評価及び外部評価結果(様式1)のうち,外部評価項目の2,3,4,6の実践状況(外部評価)が適切であること。

 ※特例要件の適用年度については,実施したものとみなされます。

◆様式

 広島県地域密着型サービス外部評価実施回数の特例に関する届出書 (Wordファイル)

◆提出先

 上記届出書については,介護サービス事業所の所在する市町(指定権者)へ提出してください。

参考資料

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ