ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 薬務課 > 麻薬について、滅失、盗取、所在不明その他の事故が生じたとき

麻薬について、滅失、盗取、所在不明その他の事故が生じたとき

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月1日更新

 概要(麻薬及び向精神薬取締法第35条)

  • 麻薬取扱者が所有し、又は管理している麻薬について、滅失、盗取、所在不明その他の事故が生じた場合、事故の状況を明らかにするために必要な手続です。

届出者

  • 麻薬営業者,麻薬管理者(麻薬管理者のいない施設は麻薬施用者),麻薬研究者

提出書類

  • 麻薬事故届

注意事項

  • 事故の発生状況について枠内に書ききれない場合には,別紙に記載しても構いません。

備考

  • 「滅失」:麻薬がその物理的存在を失うこと。
     
  • 「盗取」:盗難に会うこと。
     
  • 「所在不明」:紛失、亡失等麻薬の所在を見失うこと。
     
  • 「その他の事故」:強奪、脅取、詐欺等。

受付窓口

ダウンロード

麻薬事故届の様式

記載例

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ