ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症・難病・肝炎 > C型慢性肝炎またはC型肝炎ウイルスキャリアと診断された皆さまへ

C型慢性肝炎またはC型肝炎ウイルスキャリアと診断された皆さまへ

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年6月25日更新

~検査・治療は継続しましょう~

 

1 C型肝炎とは

 C型肝炎ウイルス(HCV)の感染によって起こる肝臓の病気です。HCVに感染すると,20~30%の方は一時的な感染のみで完全に治りますが,残りの70~80%の方は自覚症状が殆どでないまま経過し,慢性化してHCVキャリアとなります。HCV感染時にしばしば急性肝炎を発症しますが,明らかな肝炎の症状が出ないまま慢性化する人もいます。HCVキャリアの方は,ウイルスが体から自然に排除されないため,慢性肝炎を発症します。C型慢性肝炎を放置すると,病気が進行して,20~30年後に肝硬変や肝がんへ進展するため,注意が必要です

 

2 C型慢性肝炎の治療

 C型慢性肝炎の治療は,HCVを体から排除することを目的とするインターフェロン療法と,肝機能を維持し,肝炎の進行を抑えることを目的とする肝庇護療法の2つの治療法が主に行われます。

   ※C型慢性肝炎の治療方法

インターフェロン療法
(注射薬)
・肝炎ウイルスを体から排除する治療法
・ウイルス量やウイルス型により,治療薬剤や治療期間が異なる。
・あまり進行していない肝硬変の方も対象
肝庇護療法
(注射薬,内服薬)
・肝機能を正常化し,肝炎の進行を抑える治療法
 (グリチルリチン製剤,ウルソデオキシコール酸など)
・インターフェロン療法で効果がなかった方,ある程度進行した肝硬変の方が対象

 

3 HCVキャリアと診断された方へ 

 肝炎ウイルス検査でHCVに感染していると診断された場合,全く自覚症状がなくても,肝機能検査で異常値を示すことがあり,気が付かないうちに病気が進行していることがあります。そのため,HCVキャリアと分かった場合は,定期的(概ね3~6か月に1度)な検査を受け,「肝臓の状態」をチェックすることをお勧めします。

 肝炎に関する一般的な質問については,こちらをご覧ください。

  ⇒ 厚生労働省ホームページ


関連情報

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ