ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > 食の安全・安心 > 県の取組 > 漬物の衛生規範が改正されました

漬物の衛生規範が改正されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月7日更新

 平成24年8月に札幌市等で発生した浅漬による腸管出血性大腸菌O157食中毒事件の調査の結果,製造工程での衛生管理上の問題点が確認されました。

 そこで,同様の食中毒の再発を防止するため,「漬物の衛生規範」が改正されました。

 漬物製造業者の方は,原材料の低温保管,適切な洗浄・殺菌の実施など,この衛生規範に基づき適切な衛生管理に努めてください。

漬物の衛生規範の改正等について(平成24年10月12日付け厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課長通知 食安監発1012第1号 (PDFファイル)(343KB)漬物

 ※浅漬の衛生管理のポイントについては,下記の関連情報「浅漬の衛生管理について~漬物事業者の食中毒対策~(厚生労働省ホームページ)」に掲載のリーフレットもご覧ください。

「漬物の衛生規範」の主な追加内容

 

1 浅漬の原材料は,低温(10度以下)で保管すること。

2 浅漬の製造にあたっては,次のことに留意すること。

ア 各工程において,微生物による汚染,異物の混入がないよう取扱うこと。

イ 原材料は飲用適の水を用い,流水で十分洗浄すること。

ウ 半製品の保管及び漬込みの際は,低温(10度以下)で管理し,確認した温度を記録すること。

エ 次のいずれかの方法により殺菌を行うこと。

 (a)次亜塩素酸ナトリウム溶液(100mg/ℓで10分間及び200mg/ℓで5分間)又はこれと同等の効果を有する 
次亜塩素酸水等で殺菌した後,飲用適の流水で十分すすぎ洗いする。塩素濃度の管理を徹底し,確認を行っ
た時間,塩素濃度及び実施した措置等を記録すること。

 (b)75度で1分間,加熱する。温度管理を徹底し,確認を行った時間,温度及び実施した措置等を記録すること。

オ 漬込み液(漬床を除く。)は,その都度交換し,漬込みに用いた器具・容器の洗浄,消毒を行うこと。

 


ご不明な点は,お店を所管する保健所へお問い合わせください。
保健所名所管区域所在地電話番号
西部保健所 生活衛生課大竹市,廿日市市廿日市市桜尾二丁目2-68(0829)32-1181
西部保健所広島支所 衛生環境課安芸高田市,安芸郡,山県郡広島市中区基町10-52(082)228-2111
西部保健所呉支所 衛生環境課江田島市呉市西中央一丁目3-25(0823)22-5400
西部東保健所 生活衛生課竹原市,東広島市,豊田郡東広島市西条昭和町13-10(082)422-6911
東部保健所 生活衛生課三原市,尾道市,世羅郡尾道市古浜町26-12(0848)25-2011
東部保健所福山支所 衛生環境課府中市,神石郡福山市三吉町一丁目1-1(084)921-1311
北部保健所 生活衛生課三次市,庄原市三次市十日市東四丁目6-1(0824)63-5181

◇ 広島市域の営業者の方 広島市保健所食品保健課(広島市中区富士見町11-27)  (082)241-7404 

◇ 呉市域の営業者の方呉市保健所生活衛生課(呉市和庄一丁目2-13)   (0823)25-3536   

◇ 福山市域の営業者の方 福山市保健所生活衛生課(福山市三吉町南二丁目11-22)(084)928-1165 

関連情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ