ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > 食の安全・安心 > 食品表示 > アレルギー物質を含む食品の表示について

アレルギー物質を含む食品の表示について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月18日更新

 アレルギー物質を含む食品による健康危害の発生を未然に防止するために,食品表示法では,アレルゲンを含む食品の表示について規定しています。
 症状の重篤度が高い,または症例数が多い『特定原材料』を含む食品については,これらを含む旨の表示が義務付けられています。『特定原材料』を使用した場合や,原材料に含まれている場合は,必ず表示しましょう。
 一方,アレルギー症状をひき起こすことは知られていますが,症例数が少ないか,多くても重篤な例が少ない『特定原材料に準ずるもの』を含む食品については,これらを含む旨の表示が推奨されています。『特定原材料に準ずるもの』については表示義務はありませんが,可能な限り表示するように努めましょう。 

表示が必要なアレルギー物質

特定原材料(7品目)

特定原材料に準ずるもの(20品目)

卵,乳,小麦,そば,落花生,えび,かに
⇒表示を義務付け

あわび,いか,いくら,オレンジ,カシューナッツ,キウイフルーツ,牛肉,くるみ,ごま,さけ,さば,大豆,鶏肉,バナナ,豚肉,まつたけ,もも,やまいも,りんご,ゼラチン
⇒表示を推奨

特定原材料  卵,乳,小麦,そば,落花生,えび,かにの絵

◆ アレルゲンを含む食品に関する表示の基準・Q&A

◆ アレルギー表示に関するパンフレット(消費者庁作成)

※上記は,旧基準に基づく表示のパンフレットです。27年度から施行された食品表示法に基づく表示については,消費者庁ホームページをご覧ください。

アレルギー物質を含む食品の検査について

 広島県では,県内で製造・加工・調理される食品について,特定原材料の有無を検査し,特定原材料を含むにもかかわらず,その表示が行われていない違反食品の排除に努めています。 

検査対象

 県内で製造された「弁当・そうざい」,「菓子類」,「めん類」等で,検査する特定原材料の表示がないもの

検査項目

 特定原材料
 ※平成29年度は,そばの検査を実施しました。

検査機関

 県立総合技術研究所保健環境センター

検査結果

 平成29年度は,20検体について検査を実施し,表示違反となる食品は確認されませんでした。

検査結果

29年度
検査項目:そば

28年度
検査項目:そば

27年度
検査項目:卵

検査検体数

違反件数

検査検体数

違反件数

検査検体数

違反件数

弁当・そうざい

10

0件

0件

13

0件

菓子類

0件

10

0件

0件

めん類

0件

0件

0件

20

0件

19

0件

20

0件

  

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ