ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 食品生活衛生課 > ツキヨタケの摂食に注意!!

ツキヨタケの摂食に注意!!

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月25日更新

 平成28年10月22日,広島県庄原市の山林で採取された「ツキヨタケ」を調理して食べた方が嘔吐や下痢などの食中毒症状を発症しました。
 全国的にも10月に入ってから「ツキヨタケ」による食中毒が相次いで発生しています。
 
 この「ツキヨタケ」は,広島県内にも広く分布しており,夏から秋にかけて,ブナなどに重なりあって発生します。
 食用のキノコと確実に判断できないキノコは絶対に食べないでください。

  発生時期 : 夏~秋(特に秋)

  発生場所 : ブナ,イタヤカエデなどに重なり合って発生します。

  その他       : ヒラタケ,ムキタケ,シイタケと間違えやすい

【ツキヨタケに関する詳細な情報について】

 ⇒ ツキヨタケに関するリスクプロファイル(厚生労働省HP) 

 キノコによる食中毒予防の三原則を守ってください!
 
<キノコによる食中毒予防三原則>
 知らないキノコは,採らない食べない人にあげない

 誤って毒きのこを食べてしまったら

  • きのこを食べて異常を感じた時は,すぐに医療機関で診察を受けてください。
  • 食べ残しのきのこを持参すると,治療の参考になります。

ツキヨタケの写真
【厚生労働省提供】

関連情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ