ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

つけ爪による危害

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

指先のおしゃれを多くの人が楽しんでいますが,

「ネイルサロンでの施術によって指が化膿した」

「つけ爪を行うために個人が購入した薬品によって皮膚がただれた」

など,「つけ爪」などによる危害の発生が確認されています。

つけ爪による危害(独立行政法人国民生活センター記者説明会資料)

-消費者の方へ-

  1. つけ爪は爪にとっては負担がかかるものです。
    時々は爪を休ませることも必要です。
  2. つけ爪用の接着剤や溶剤はかぶれや化学やけど,引火に注意が必要です。
  3. 施術後に異常を感じた場合にはすぐに皮膚科医を受診してください。(カビや細菌が繁殖して皮膚に炎症を起こすことがあります。)
  4. サロン選びにも注意してください。

-ネイルサロンの営業者の方へ-

 「ネイルサロンにおける衛生管理に関する指針」に基いて,サロンの衛生管理を行ってください。

ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ