ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 食品生活衛生課 > 腸炎ビブリオ食中毒の予防

腸炎ビブリオ食中毒の予防

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

腸炎ビブリオ食中毒に注意しましょう。

特徴

  • 原因菌:腸炎ビブリオ菌(Vibrio parahaemolyticus)
  • 海水由来の菌であり,海水中や海泥中に広く分布している。
  • 他の菌に比べて増殖速度が速く,塩分濃度2~7%で増殖が盛んになる。
  • 真水や加熱に対しては弱い。

腸炎ビブリオ菌の写真
広島県感染症情報センターより提供

原因食品

  • 海産生鮮魚介類及びその加工品など

 すしのイラスト

症状

  • 潜伏期間:10~24時間
  • 激しい腹痛(上部腹痛),下痢(水様血便),発熱(軽微),嘔吐

予防のポイント

  • 生鮮魚介類を購入するときには,「生食用」,「刺身用」,「加熱用」等の表示をよく確認し,用途に合った方法で喫食しましょう。
  • 購入した生鮮魚介類は,すぐに持ち帰り,冷蔵保管(10℃以下,できれば4℃以下)しましょう。
  • 調理前には流水(真水)でよく洗いましょう。
  • タコやカニなどの調理は,中心温度70℃で1分以上加熱しましょう。
  • 魚介類専用の調理器具(包丁やまな板等)を使用しましょう。

冷蔵保存 フライパンによる熱殺菌 生魚の水洗い イラスト

関連情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ