ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

スギヒラタケの摂食に注意!!

印刷用ページを表示する掲載日2015年9月3日

 新潟県,山形県及び秋田県等において,平成16年9月以降,急性の脳症を疑う事例が発生していることがわかりました。
 発症者は,腎機能が低下している中・高齢者の方で,発症前にスギヒラタケを摂食していました。
 腎機能の低下と発症との関連は不明ですが,原因が究明され安全性が確認されるまでの間は,念のため,腎機能の低下していない方もスギヒラタケの摂食を控えてください。

■ 発生時期 : 夏~秋
■ 発生場所 : スギ,マツなどの針葉樹の倒木や古株に群生し,広島県内全域に生息
■ その他  : ヤキフタケと間違えやすい

 スギヒラタケの写真です
(提供:社団法人 農林水産技術情報協会)
傘は初めは円形で後には生長して扇形に開き、色は白色でふちの部分は内側に巻き込むことが多い。柄はほとんどない。ひだは白色で並び方は密。ひだの中ほどが枝分かれする。

関連情報

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする