ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 食品生活衛生課 > E型肝炎ウイルス感染事例について

E型肝炎ウイルス感染事例について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月1日更新

 北海道で発生したE型肝炎事例については,現在,北海道において,感染症及び食中毒の両面から調査が実施されているところですが,原因として飲食店で豚レバー等の豚由来の食品を十分に加熱しないで喫食したことが疑われています。
  また,野生動物(イノシシ,シカ)の肉などの生食によるE型肝炎ウイルス感染事例が過去にも報告されております。
  ついては,飲食店などの営業施設や家庭において野生動物の肉などや豚レバーなどの豚由来の食品は喫食前に十分に加熱調理を行ってください。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ