ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 食品生活衛生課 > 食品,添加物等の夏期一斉監視について

食品,添加物等の夏期一斉監視について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月13日更新

 カンピロバクターや腸炎ビブリオをはじめとする細菌性食中毒は夏場に多発する傾向があります。
 そこで広島県では,毎年「 食品,添加物等の夏期一斉監視 」 を実施し,夏期における食中毒の発生防止及び食品衛生の向上を図るため,食品の衛生的な取扱い,添加物の適正な使用,食品及び添加物の適正な表示の実施等について,食品関係営業者等に対する監視指導を強化しています。

※添付の資料はページ下部の【ダウンロード】からご覧いただくことができます。子供がスイカを食べている絵


ダウンロード

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ