ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康 > 「平成28年度広島県歯科保健実態調査」に御協力をお願いします。

「平成28年度広島県歯科保健実態調査」に御協力をお願いします。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月26日更新

 県民一人ひとりが全身の健康を保ち,健やかで生き生きとした生活をおくるためには,生涯を通じた歯と口腔の健康づくりが重要です。

 この調査は,「広島県歯と口腔の健康づくり推進条例第10条」に基づき,皆様の歯と口腔の健康づくりの現状を把握し,今後の歯科口腔保健の推進に資するための基礎資料を得ることを目的に実施します。

 調査対象者の皆様の元に,調査票等を郵送いたしますので,御協力をお願いします。

平成28年度 広島県歯科保健実態調査

調査の目的

 この調査は,広島県の歯科保健状況を把握し,8020運動(歯科保健推進事業)の種々の対策の効果についての検討や,広島県歯と口腔の健康づくり推進計画において設定した目標の達成度の判定を行い,今後の歯科保健医療対策を推進するための基礎資料を得ることを目的としています。

調査期間

平成28年10月17日(月曜日)~11月15日(火曜日)

実施方法

 広島県歯科衛生連絡協議会(広島県,広島県歯科医師会,広島大学,広島県教育委員会,広島市,広島市教育委員会で構成)に委託して実施します。

調査の対象

(1)県内を,二次保健医療圏域(広島二次保健医療圏域については,広島市域,海田地域,芸北地域の3地域より構成)を基準とした9地域に分割し,平成28年国民生活基礎調査調査地区及び国民健康栄養調査調査地区より1地域につき,1~4地区を無作為抽出した24調査地区の満15歳以上(平成28年7月1日現在)の方

(2)県内で選定した歯科医療機関を受診した満15歳以上(平成28年7月1日現在)の方

調査の種類等

(1)歯及び口腔に関する意識調査
 県民の歯及び口腔の健康に対する意識や生活状況等を把握するための調査を実施する。
 主な調査事項~基本情報(住所・年齢・性別),歯みがきの状況,歯科健診の受診状況,歯石除去の状況,歯みがきの個人指導の状況,かかりつけ歯科医の状況,顎関節の状況 等 

(2)歯及び口腔の状況調査(歯科健康診査)
 県民の歯及び口腔の状況を把握するための歯科健康診査を実施する。
 主な調査事項~基本情報(住所・年齢・性別),歯の状況,補綴物の状況,歯肉の状況 等

調査委員会の設置

 調査の実施にあたり,調査検討委員会を設置し,実施方法等について検討するとともに,調査を円滑に遂行し,調査終了後は集計・分析の上,調査報告書を作成します。
 調査報告書作成後,速やかに公表します。

調査に関する秘密の保持

 本調査の実施にあたって得られた被調査者に係る情報を適切に取り扱い,その個人情報を保護するものとします。

前回の調査結果

 前回(平成23年度)の調査結果

調査周知リーフレット

 周知リーフレット (PDFファイル)(75KB)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ