ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

自殺対策の標語とシンボルマーク

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

広島県自殺対策の標語とシンボルマーク

 趣  旨
広島県及び広島県自殺対策連絡協議会(以下「協議会」)では,自殺による死亡から,1人でも多くの命を救うため,県民の意識啓発に向けた取組として,自殺対策の標語とシンボルマークを募集し,最優秀賞作品を決定しました。
最優秀賞作品については,県のうつ・自殺予防のパンフレットに掲載するなど,自殺予防のための啓発の広報等に活用いたします。

  • 募集期間      平成19年9月1日(土曜日)~30日(日曜日)
  • 応募作品数   58作品(標語 40作品,シンボルマーク18作品)
  • 選定       広島県自殺対策連絡協議会及び企画評価委員会の委員

 【選定された作品】

 ○ 標語の部


「 大切な 命守ろう 地域の輪 」

作者 氏名 仙波節子(せんば せつこ)

 住所 呉市

○ シンボルマークの部


 自殺対策のシンボルマークのイメージ図

◎作品の説明

人と人が支えあうイメージをHiroshimaの頭文字の「H」と県章で表し,広島らしさを出した。また,地域で支えあうことを表現するため,人の周りを暖かい色で取り囲んでいる。

作者 氏名 原田真希子(はらだ まきこ)

住所 広島市

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする