ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 医療介護人材課 > 広島県と広島国際大学との連携協力協定について

広島県と広島国際大学との連携協力協定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月1日更新

趣旨

 学校法人常翔学園広島国際大学の持つ医療,福祉などにおける学術的知見と本県の医療分野や介護・保健・福祉の行政分野が連携協力することにより,県立病院の経営効率化や本県の医療・介護経営人材の育成,地域医療・福祉の充実,医療福祉関連産業の振興などを目的に,広島県と広島国際大学の間で「医療・介護・福祉・保健分野における連携協力協定」を締結しました。

協定締結式

 日 時 : 平成25年2月1日(金曜日)
 場 所 : 県庁北館2階 第一会議室             

連携協力分野

(1)県立病院の経営の効率化に関すること
(2)患者サービスの向上に関すること
(3)医療・介護経営人材の育成に関すること
(4)医療・介護・福祉・保健分野に関する研究の場の提供に関すること
(5)県内における医療福祉関連産業の振興に関すること

主な連携協力内容

連携協力分野

主な連携協力内容

県立病院の経営の効率化

◇県立病院の病院経営と臨床関係のデータ分析
◇診療材料などの在庫管理の適正化など費用合理化への支援

患者サービスの向上

◇県内医療施設などにおける患者サービスの向上を図るための調査・研究及び支援
◇県立病院における患者の待ち時間(駐車場待ち時間含む。)短縮などを図るための調査・研究

医療・介護経営人材の育成

◇病院や福祉施設,行政などの職員を対象とした経営などに関する実学教育の実施
◇大学教育(社会人教育を含む。)における病院などでの実地研修や大学教職員を対象とした病院や福祉施設での職場体験教育活動など
の実施

医療・介護・福祉・保健分野に関わる研究の場の提供◇医療機関や社会福祉施設の効率的運営や経営などに関する研究の場の提供
県内における医療福祉関連産業の振興◇医療機器,福祉用具などの研究開発,事業化に資する各種情報の提供

協定締結式の様子

 44


県政ピックアップ