ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 医療介護人材課 > 平成27年度臓器移植等推進功労者知事感謝状贈呈式

平成27年度臓器移植等推進功労者知事感謝状贈呈式

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

要旨

 臓器移植及び造血幹細胞移植の推進や普及啓発についての功績が顕著である者(団体)に対し,感謝状を贈呈することによりその労苦に報いるとともに,移植医療関係者の士気の高揚を図り,移植医療のより一層の推進を図る。

贈呈日

 平成27年10月9日(金)

贈呈者

個人
区分職・氏名等職種功績内容
臓器提供協力

医療法人光臨会荒木脳神経外科病院 看護師

岡本 正志(おかもと まさし)

看護師

○ 平成26年4月より,院内移植コーディネーターの役割を担い,平成26年12月に荒木脳神経外科病院において,心停止下臓器提供が施行(腎臓及び角膜の摘出)された際に,院内移植コーディネーターとして携わった。

○ 臓器移植ネットワーク主催の臓器提供施設研修会において,荒木脳神経外科病院で施行された心停止下臓器提供の事例報告を行い,中小病院でも臓器提供が実施可能であることを発表した。

○ 院内研修会(全職員対象)で心停止下臓器提供の事例報告を行い,院内職員の臓器提供に対する知識向上を図った。
造血幹細胞移植推進活動

広島大学原爆放射線医科学研究所 教授

一戸 辰夫(いちのへ たつお)

医師

○ 長年にわたり,日本造血細胞移植学会の評議員・理事として日本国内における造血幹細胞移植の適切な普及や推進に尽力してきた。

○ 平成26年3月より,日本造血細胞移植学会造血細胞移植コーディネーター(HCTC)委員会の委員長として,造血幹細胞移植推進法の下,造血幹細胞移植拠点病院等で患者・ドナーの権利擁護及び移植の安全性と質の向上に重要な役割を果たしているHCTCの育成及び認定制度の確立に心血を注いできた。

○ 骨髄バンクHLA委員会の委員を10年以上務め,我が国における適切なドナー選定のための指針を提示してきた。
造血幹細胞移植推進活動

広島赤十字・原爆病院 血液内科部 副部長

片山 雄太(かたやま ゆうた)

医師

○ 広島赤十字・原爆病院において行っている同種骨髄移植は,血縁・非血縁合わせて年間40~60例と極めて多数の事例であるが,その全例において,主治医として診療にあたり,移植のみならず,その後の各期間のフォローアップにも携わっている。

○ 難しい症例がほとんどであるが,良好な成績が得られており,造血細胞移植への寄与が大きい。
造血幹細胞移植推進活動

独立行政法人国立病院機構呉医療センター 血液内科医長

伊藤 琢生(いとう たくお)

医師

○ 難治性造血器悪性腫瘍などの疾患に対して,これまでに主治医として約100件の造血幹細胞移植を実施しており,現在は呉医療圏唯一の造血幹細胞移植医療実施施設である呉医療センターで,移植チームのリーダーとして活躍している。また,骨髄バンクを介した移植における健常人ドナーからの骨髄採取にも積極的に取り組んでおり,コーディネート担当医師としても移植医療に貢献している。

○ 平成24年から全国に先駆けて強度変調放射線治療装置を用いた造血幹細胞移植を開始し,現在までに約30件施行している。以前であれば移植を断念せざるをえなかったような合併症を有する高齢者にも安全に移植をすることが可能であることも明らかとなっており,学会等での報告は,高い評価を得ている。
移植希望者へのケア

広島大学病院 副看護師長,レシピエント移植コーディネーター

坂本 涼子(さかもと りょうこ)

看護師

○ 平成23年度から臓器移植のレシピエントコーディネーターの役割を担い,移植を希望する患者や家族,親族のケアに従事してきた。平成24年9月には,日本移植学会の認定レシピエント移植コーディネーターの資格を取得している。

○ 平成26年度の実績として,約320名の外来受診者に対して面談を実施するとともに,移植後の患者には日常生活指導を実施している。

○ 自身の知識を活かし,移植に関する研修会の講師を務め,後輩の育成に尽力している。また,患者家族を対象とした肝臓病教室でも講師を務め,移植に対する正しい知識の普及に尽力している。
移植希望者へのケア

広島大学病院 看護師,レシピエント移植コーディネーター

成定 愛子(なりさだ あいこ)

看護師

○ 平成20年から広島大学病院の外来勤務の看護師として,臓器移植患者に関わってきた。平成25年度より,臓器移植のレシピエントコーディネーターとして活動を開始し,平成26年9月には日本移植学会の認定レシピエントコーディネーターの資格を取得している。

○ 平成26年度の実績として,約320名の外来受診者に対して面談を実施するとともに,移植後の患者には日常生活指導を実施している。

○ 院内研修会の講師を務め,他の看護師に対して移植に関する知識,技術の指導にあたっている。また,広島大学病院が主催する患者家族を対象とした肝臓病教室でも講師を務め,移植に対する正しい知識の普及に尽力している。

贈呈式の様子

集合写真

県政ピックアップ