ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県介護員養成研修について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月1日更新

1 介護職員の養成研修などについて

 国の「今後の介護人材養成の在り正に関する検討会」において,「今後の介護人材のキャリアパスを簡素で分かりやすいものにするとともに,生涯働き続けることができるという展望を持てるようにする必要がある」 と提言がなされたことなどを踏まえ,介護員養成研修の見直しが行われました。介護職員基礎研修及び訪問介護員養成研修1級課程が実務者研修に一本化され,訪問介護員養成研修2級課程は介護職員初任者研修に移行されました。

従来の研修課程 ※1

研修時間

改正

制度改正後

研修時間

●介護職員基礎研修課程500時間

一本化
 →

■実務者研修 ※2

450時間

●訪問介護に関する1級課程230時間
●訪問介護に関する2級課程130時間 →■初任者研修 ※3

130時間

※1 従来の研修課程は,平成24年度まで(平成25年3月末までに開始し,平成26年3月末までに修了するもののみ)実施され,それ以降の研修は,実施されません。平成25年度からは,県の指定する研修は,「介護職員初任者研修」のみとなります。 

※2 実務者研修は,H28年度から介護福祉士の国家試験(実務経験ルート)の受験資格として義務づけられています。研修の内容・実施施設(実務者養成施設)については,広島県健康福祉局医療介護人材課(介護人材グループ)が管轄となります。

※3 介護職員初任者研修は,従来の「訪問介護員2級課程研修(ヘルパー2級研修)」に代わるものとして,在宅及び施設で働く上で必要となる基本的な知識や技術を習得し,職場の上司の指示などを受けながら,基本的な介護業務を実践する能力を身につけることを目的としています。 広島県での「事業者指定」及び「研修の指定」に関する事務は,引き続き,医療介護人材課(介護人材グループ)が行います。

《参考資料》

介護人材のキャリアパスの形成について (PDFファイル)(73KB)

介護職員養成研修移行スケジュール (PDFファイル)(86KB)

介護職員初任者研修と訪問介護員養成研修2級課程のカリキュラムの比較表 (PDFファイル)(56KB)

2 介護員養成研修を受講するには

 広島県が指定した介護員養成研修のうち,現在募集が行われている研修の開講予定一覧を掲載しています。
 表には概要のみを記載していますので,研修期間,費用,申込み方法,講義の方式などの詳細を各事業者に直接確認し,研修の申し込みを行ってください。
 また,広島県知事が指定した事業者の一覧から,指定事業者であるかどうか確認ができます。

 ※研修の情報,事業者の一覧は,次の【ダウンロード】から御覧ください。
 ※この情報は,研修指定日(原則,毎月1日付:該当する日が県の休日である場合は,その後の日)に合わせ更新しています。

関連情報

 

ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ