ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 医療機関・医療人材 > 医療法人における太陽光発電の取扱いについて

医療法人における太陽光発電の取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年1月15日更新
太陽光発電については、平成24年7月から、従前の太陽光発電した電気から、おのずからが使用した電気を引き算し、余った電気があればこれを売電する「余剰電力の買取制度」に加え、おのずからが消費した電力とは無関係に、太陽光発電したすべての電力を売電する「全量買取制度」が開始されました。
このことに関し,医療法人における太陽光発電の取扱いについて,厚生労働省医政局指導課から,別添のとおり事務連絡がありました。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ