ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 医療機関・医療人材 > ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針の改正等について

ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針の改正等について

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

 厚生労働省では,「ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針」(平成18年厚生労働省告示第425号)」(以下「旧指針」という。)を平成18年9月1日から施行しています。

 今般,関係法令等の改定や,ヒト胚性幹細胞・ヒト人工多能性幹細胞などの新たな幹細胞技術の開発,基礎研究の進展等,ヒト幹細胞臨床研究をとりまく環境の変化に対応するため,旧指針の全般的な見直しが行われ,平成22年11月1日から「ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針(平成22年厚生労働省告示第380号)」が施行されました。

 ついては,ヒト幹細胞臨床研究に携わる皆様の,当該指針の順守をお願いします。


ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ