ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 健康福祉総務課 > 臨時福祉給付金(経済対策分)

臨時福祉給付金(経済対策分)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月30日更新

臨時福祉給付金(経済対策分)の申請受付が開始します

給付金の支給には,市町への申請が必要です。(これまでに臨時福祉給付金を受給された方も,改めて申請が必要です。)

各市町の申請時期等については,下記の「県内市町の申請受付期間及び問い合わせ先」を参考にしてください。 
 カクニンジャ

臨時福祉給付金(経済対策分)とは

消費税率の引上げによる影響を緩和するため,低所得者に対して,制度的な対応を行うまでの間の,暫定的・臨時的な措置として,1万5千円の給付金を市町が支給するものです。

支給対象者

平成28年度分市町村民税(均等割)が課税されない方が対象です。
ただし,

  • ご自身を扶養している方が課税される場合
  • 生活保護制度の被保護者となっている場合

などは対象外です。 

支給額

対象者1人につき 1万5千円 

申請手続

〇申請先は,基準日(平成28年1月1日)において,住民票がある市町となります。

〇広島県内においては,各市町から対象者に申請書を郵送します。

〇申請時期は,各市町によって異なりますので,注意してください。

〇県内市町の申請受付期間及び問い合わせ先は次のとおりです。

 県内市町の申請受付期間及び問い合わせ先 (PDFファイル)(66KB)

御注意ください!!

給付金を装った「振り込め詐欺」や「個人情報・マイナンバーの詐取」に御注意ください!

※給付金を装った不審な電話やメールが発生しています。不審な電話やメールがあった場合は,お住まいの市町や警察署(又は警察相談専用電話(#9110))に御連絡ください。

【不審電話の事例】「給付金を振り込むために,口座情報を教えてほしい」などの電話がかかってくる。

【不審メールの事例】給付金が受取可能だが,受取を受諾するか拒否するかといった内容のメールが届き,本文にリンクが表示されている。(リンク先には絶対にアクセスしないでください!)

〇市町や厚生労働省などが,「臨時福祉給付金(経済対策分)」を支給するために,メールで手続きをお願いすることや,手数料などの振込を求めることは,絶対にありません。

〇市町や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは,絶対にありません。

〇ATMを自分で操作して,他人からお金を振り込んでもらうことは,絶対にできません。

〇給付金の申請に,マイナンバーは必要ありません。

このページに関連する情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ