ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高圧ガス保安法等に係る事務の市町への移譲について

印刷用ページを表示する掲載日2018年2月13日

 広島県では,「高圧ガス保安法」(昭和26年法律204号)及び「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律(LP法)」(昭和42年法律第149号)の事務の一部を,県内各消防本部や消防局に移譲しています。

 平成30年4月1日からは,高圧ガス保安法の事務が一部を除いて広島市に法定移譲されます。これにより,今まで県が実施していた容器則の事務についても平成30年4月1日からは広島市が実施することとなります。

 移譲先や移譲した事務については,別添「高圧ガス保安法等に係る事務の市町への移譲について」をご覧ください。

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする