ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

老朽化消火器の適切な取扱いについて

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

 老朽化した消火器は大変危険です。 

  次の点に注意しましょう。

○ 消火器が風雨にさらされる場所・湿潤な場所に設置されていませんか。 

○ 腐食が進んでいる消火器は,容器破裂の危険があるので,まず,目視により状態を十分確認してください。

○ 腐食が進んでいる消火器は,絶対に使用しないでください。 

○ 不要になった消火器については,回収を行っている事業者に廃棄処理(有料)を依頼してください。 

 詳しくは,管轄消防本部(局)又はお求めになった消火器販売業者,製造者,広島県消防機器同業組合(電話0120-72-3830又は082-278-3830)若しくは一般財団法人広島県消防設備協会(電話082-243-2002)へお問合せください。また,お手持ちの消火器の製造メーカーをご確認のうえ,当該メーカー外部リンクへ直接お問合せください。

関連情報

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする