ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 防災・安全 > 防災・安全 > 産業保安 > 液化石油ガス設備士になるには

液化石油ガス設備士になるには

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

概要

液化石油ガス設備工事のうち,法令で定められる工事の作業については,「液化石油ガス設備士」でなければ行うことができません。

「液化石油ガス設備士」の免状を取得するには,次の者が,免状交付申請を行う必要があります。

(1)毎年11月頃に行われる液化石油ガス設備士国家試験を受験し,合格した者

(2)高圧ガス保安協会又は経済産業大臣が指定する養成機関で液化石油ガス設備士講習の過程を終了した者。(ただし,高圧ガス保安協会は,現在,未経験者又は無資格者対象の講習は実施していません。)

(3)経済産業省令の定めるところにより,上記(1),(2)と同等以上の知識及び技能を有していると,都道府県知事が認定した者(高圧ガス保安協会の行う講習の過程を終了したものに限る。)

窓口案内

上記(1)及び高圧ガス保安協会に関することについて・・・
広島県液化石油ガス設備士試験事務所(広島県LPガス会館内)
 〒733-0812 広島市西区己斐本町2-8-5  082-275-1804

担当課室

危機管理監 消防保安課(高圧ガスグループ)


関連情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ