ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

有害使用済機器保管等業者

印刷用ページを表示する掲載日2018年2月23日

 平成29年6月16日に廃棄物の処理及び清掃に関する法律の改正が行われ,平成30年4月1日から,有害使用済機器に係る新たな規制が設けられました。

1 有害使用済機器に係る規制の創設について

(1)規制内容

ア 有害使用済機器(使用を終了し収集された家電4品目及び小型家電28品目)の保管又は処分を業として行おうとする場合は届出を義務付け

イ 保管及び処分に関する基準の遵守を義務付け

(2)改正内容

廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律外部リンク(平成29年法律第61号)

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令外部リンク(平成30年政令第23号)

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則などの一部を改正する省令外部リンク(平成30年環境省令第2号)

(3)施行期日

平成30年4月1日

施行の際,現に有害使用済機器の保管等を業として行っている場合は施行後6か月間(10月1日まで)届出猶予期間

(4)その他

有害使用済機器の保管等に関するガイドライン(第1版)外部リンク(平成30年3月環境省)

チラシ「使用済み家電の保管又は処分を行っている事業者の方は御確認を!」 (PDFファイル)(481KB)

2 届出方法

(1)手続き方法について

「有害使用済機器届出手引き」 (PDFファイル)(362KB)で御確認ください。

(2)届出様式

届出書 (Wordファイル)(24KB)

変更届出書 (Wordファイル)(20KB)

廃止届出書 (Wordファイル)(19KB)

(3)添付書類様式(添付書類は,手引きで御確認ください。)

事業計画の概要書 (Wordファイル)(35KB)

 

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする