ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 自然環境課 > カテゴリー定義

カテゴリー定義

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

新カテゴリー

区分及び基本概念要件参考:
(旧カテゴリー)
絶滅(EX)
広島県ではすでに絶滅したと考えられる種
(動物では種及び亜種,植物では種,亜種及び変種)
過去に広島県に生息したことが確認されており、飼育・栽培下を含め、広島県ではすでに絶滅したと考えられる種(絶滅種)
野生絶滅(EW)
飼育・栽培下でのみ存続している種
過去に広島県に生息・生育したことが確認されており、飼育・栽培下では存続しているが、広島県においては野生ではすでに絶滅したと考えられる種
【確実な情報があるもの】
(1) 信頼できる調査や記録により、すでに野生で絶滅したことが確認されている。
(2) 信頼できる複数の調査によっても、生息・生育が確認できなかった。【情報量が少ないもの】
(3) 過去50年間前後の間に、信頼できる生息・生育の情報が得られていない。
-
絶滅危惧I類(CR+EN)
絶滅の危機に瀕している種
現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用する場合,野生での存続が困難なもの。
次のいずれかに該当する種
【確実な情報があるもの】
(1) 既知のすべての個体群で、危機的水準まで減少している。
(2) 既知のすべての生息・生育地で、生息・生育条件が著しく悪化している。
(3) 既知のすべての個体群がその再生産能力を上回る捕獲・採取圧にさらされている。
(4) ほとんどの分布域に交雑のおそれのある別種が侵入している。
【情報量が少ないもの】
(5) それほど遠くない過去(30年~50年)の生息記録以後確認情報がなく、その後の信頼すべき調査が行われていないため、絶滅したかどうかの判断が困難なもの。
(絶滅危惧種)
絶滅危惧II類(VU)
絶滅の危険が増大している種
現在の状態をもたらしている圧迫要因が引き続き作用する場合,近い将来「絶滅危惧I類」のランクに移行することが確実と考えられるもの。
次のいずれかに該当する種
【確実な情報があるもの】
(1) 大部分の個体群で個体数が大幅に減少している。
(2) 大部分の生息・生育地で生息・生育条件が明らかに悪化しつつある。
(3) 大部分の個体群がその再生産能力を上回る捕獲・採取圧にさらされている。
(4) 分布域の相当部分に交雑可能な別種が侵入している。
(危急種)
準絶滅危惧(NT)
存続基盤が脆弱な種
現時点での絶滅危険度は小さいが,生息・生育条件の変化によっては「絶滅危惧」として上位ランクに移行する要素を有するもの。
次に該当する種生息状況の推移からみて、種の存続への圧迫が強まっていると判断されるもの。
具体的には、分布域の一部において、次のいずれかの傾向が顕著であり、今後さらに進行するおそれがあるもの。
a個体数が減少している。
b生息条件が悪化している。
c過度の捕獲・採集圧による圧迫を受けている。
d交雑可能な別種が侵入している。
(希少種)
情報不足(DD)
評価するだけの情報が不足している種
環境条件の変化によって、容易に絶滅危惧のカテゴリーに移行し得る属性(具体的にはつぎのいずれかの要素)を有しているが、生息状況をはじめとして、ランクを判定するに足る情報が得られていない種
aどの生息・生育地においても生息・生育密度が低く希少である。
b生息・生育地が局限されている。
c生物地理上、孤立した分布特性を有する(分布域がごく限られた固有種など)。
d生活史の一部または全部で特殊な環境条件を必要としている。
-
平成16(2004)年3月
戻る

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ