ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 環境保全課 > 海田バイオマス混焼発電所建設計画 名称・概要

海田バイオマス混焼発電所建設計画 名称・概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月1日更新

事業の名称・概要 

名称海田バイオマス混焼発電所建設計画
概要目的

 東日本大震災以降の電力コスト上昇及び電力小売り自由化・ガスシステム改革など我が国のエネルギー情勢の変化に対応するため,安芸郡海田町の広島ガス株式会社海田基地内遊休地及びその敷地内にある桟橋等の既存施設を活用して,バイオマス混焼発電設備を設置し,低廉で安定した電力を供給することを目的としている。

(方法書から抜粋)

内容事業の種類火力発電所の設置の事業
事業の規模

発電設備の出力:112,000 kW

事業実施区域安芸郡海田町明神町2番118号
供用後の事業内容

発電施設
・原動力の種類:気力
・燃料:石炭 約15~34万トン
バイオマス 約15~20万トン(可能な限り広島県の林地残材の利用を図る)
天然ガス 約1~2万トン(助燃及びバックアップ用)


県政ピックアップ