ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 環境政策課 > エコアクション21とは

エコアクション21とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月24日更新

1 エコアクション21認証・登録制度について 

○ 環境省が策定した『エコアクション21ガイドライン』に基づ き,取組を行う事業者を認証・登録する制度です。
○ エコアクション21はISO14001規格をベースとしつつ,中小企業者でも取り組みやす い環境経営システムのあり方をガイドラインとしています。また,ISO取得と比べて1/10程度の費用で取得が可能となっています

2 エコアクション21に取り組むことのメリット 

● 「環境経営システム」と「環境への取り組み」、「環境報告」の3要素がひとつに統合されたガイドラインであることから,環境への取り組みを総合的に進めることができます。
● 環境経営システムを構築・運用することにより,経費の削減や生産性・歩留まりの向上,目標管理の徹底等,経営的にも効果をあげることができます。
● 環境活動レポートを作成し,外部に公表することにより,利害関係者(取引先や一般消費者等)に対しての信頼性が向上します。
● 大手企業が環境への取り組みや環境経営システムの構築を取引先の条件の一つとしており,これに対応することができます。また,自治体の入札参加資格審査での加点を受けることができる場合があるほか,多くの金融機関で,エコアクション21に取り組む事業者への低利融資制度が始められています。

3 エコアクション21セミナー

 広島県では,環境マネジメントシステム導入を促進するため,年に1回,無料セミナーを開催しています。
 詳しくはこちらをご覧ください。

4 認証・登録手続き

 認証・登録制度は,「エコアクション21ガイドライン」に基づき,エコアクション21認証・登録制度実施要領に沿って実施されます。
手順

(1)認証・登録を希望する事業者は,審査申込書を環境活動レポートとともに,
 地域事務局に郵送し,審査の申込みをします。
(2)地域事務局は,審査を担当する審査人を選定し,受審事業者に通知します。
(3)審査人は,地域事務局及び受審事業者より,審査に必要な書類を受領します。
(4)審査人は,登録審査(書類審査,現地審査)を実施します。
(5)審査人は,審査の結果を,審査結果報告書に取りまとめ,地域事務局に提出します。
(6)地域事務局の判定委員会は,審査人の報告に基づき,受審事業者の認定・登録の可否を判定し,
 中央事務局に報告します。
(7)中央事務局は,受審事業者の認定・登録の可否を判定委員会の報告に基づき判断し
 (必要に応じて中央事務局の判定委員会で審議),受審事業者に通知します。
(8)受審事業者は,中央事務局に認証・登録料を納付します。
(9)中央事務局は,受審事業者と認証・登録契約を締結します。
(10)中央事務局は,受審事業者に認証・登録証を送付するとともに,エコアクション21ロゴマークの
 使用を認め,事業者の環境活動レポートをホームページで公開します。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ