ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 県民活動課 > 平成30年度ニッセイ財団助成団体の募集

平成30年度ニッセイ財団助成団体の募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月8日更新

 平成30年度ニッセイ財団助成団体の募集について

公益財団法人日本生命財団が実施する「児童・少年の健全育成助成」と「生き生きシニア活動顕彰」の助成団体を募集しています。 

1 助成内容

(1)児童・少年の健全育成助成

“元気っこ活動”「子どもたち自身主人公となって行う,自然体験・生活体験活動,仲間づくりや文化の伝承活動等」や「地域の子育て支援活動」を地域の一環として定期的かつ日常的に継続して取り組んでいる民間の団体及びグループに対して,その活動に常時・直接必要な物品の購入資金を助成します。

 ※助成額:1団体当たり30万円~60万円

 ※消耗品や個人所有もしくはその色彩が強いもの等(ユニホーム等),対象とならない物品があります。下記のリンク先の申請要項をご確認いただき,御不明な場合は下記までお問い合わせください。

(2)生き生きシニア活動顕彰

高齢者が主体となって行う多世代が関わる地域貢献・社会貢献活動を定期的・日常的に継続して取り組んでいる民間の団体・グループに対して助成します。

 ※助成学:1団体5万円

2 対象団体・活動 

(1)児童・少年の健全育成助成

対象団体

 次の要件を満たしている民間の団体(法人格の有無は問わない)を対象とします。

 ・申請時点で設立後1年以上の活動実績がある団体

 ・常時10名以上の構成員がいる団体

ただし,「子育て支援活動」「療育支援活動」を行う団体は,活動の対象となる児童・少年の述べ人数を含めます。

 ・構成員の半数以上が18歳未満の児童・少年である団体

ただし,「子育て支援活動」「療育支援活動」「フリースクール活動」を行う団体には,この要件を適用しません。

 ・少なくとも月1回以上を目処として定例活動を行っている団体

 ・活動の一環として,地域住民と交流やボランティア活動等を実践している団体

 ・助成により購入した物品を直接・継続的に活用し管理できる団体

対象活動

 (1)自然と親しむ活動

 (2)異年齢・異世代交流活動

 (3)子育て支援活動

 (4)療育支援活動

 (5)フリースクール活動

(2)生き生きシニア活動顕彰

対象団体

高齢者が主体となり,少なくとも月1回以上を目処として地域貢献活動に取り組み,今後とも安定した活動の継続が見込まれる民間の団体及びグループ

対象活動

(1)高齢者による児童・少年の健全育成活動

(2)高齢者による青年自立支援活動,障がい者支援活動

(3)高齢者による高齢者支援活動

(4)高齢者による地域づくり活動

 3 申請に必要な書類

(1)“広がれ,元気っこ活動”児童・少年の健全育成助成

・「2018度児童・少年の健全育成助成申請書」

・団体の概要,活動内容の分かる資料(会報・会則・年間スケジュール・収支報告等)

・助成希望物品の見積書

・申請書などの必要書類(下記のリンク先からダウンロードしてください)

 申請要項 (PDFファイル)(298KB)

 申請様式 (Wordファイル)(54KB)

(2)生き生きシニア活動顕彰

・「2018度生き生きシニア活動顕彰申請書」

・団体の概要,活動内容の分かる資料(会報・会則・年間スケジュール・収支報告等)

・申請書などの必要書類(下記のリンク先からダウンロードしてください)

 申請要項 (PDFファイル)(200KB)

 申請様式 (Wordファイル)(33KB)

4 申請書の提出先・期限

(1)提出先

 広島県環境県民局県民活動課 青少年健全育成グループ担当

 〒730-8511 広島市中区基町10-52

 (お問い合せ先)

 電話 082-513-2740

 FAX 082-227-2549

 メールアドレス kankatsudo@pref.hiroshima.lg.jp

(2)期限

平成29年12月6日(水)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ