ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 人権男女共同参画課 > 人権スポーツ教室(in 安芸高田市)

人権スポーツ教室(in 安芸高田市)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月6日更新

「人権スポーツ教室」とは

広島県では,子どもたちが,プロスポーツ選手等との交流を通じて,感謝することの大切さや相手に対する思いやりなどを感じとり,人権への理解を深めていくことを目的として,地域の人権啓発活動ネットワーク協議会と連携して,県内の小・中学校で「人権スポーツ教室」を開催しています。

安芸高田市で開催!

今回は,中国電力陸上競技部さんの協力を得て,平成29年6月20日(火曜日)安芸高田市立美土里小学校で開催しました!

中国電力陸上競技部岡本直己選手,山崎亮平選手,梅木蔵雄コーチ美土里小学校を訪れ,小学5,6年生と中学1年生に対する実技指導を行いました。実技指導の後には,スポーツを通じて得た体験談などを交えながら,「感謝する心」の大切さなど貴重なお話をしてくださいました。

当日の様子

中国電力陸上競技部の選手による挨拶
梅木蔵雄コーチが,陸上競技全般について,丁寧に説明してくださいました。

陸上競技について説明している様子
選手・コーチのみなさんが,陸上競技の素晴らしさや人権の大切さについて,熱心に話してくださいました。

アスリートの走り方を体験している様子
トップアスリートの歩幅を意識した実技指導では,児童・生徒たちは歩幅の大きさに驚きながらも,その歩幅に近づこうと真剣に走っていました。

先生もお手本に走る様子
児童・生徒だけでなく,先生も一生懸命走っていらっしゃいました。

駅伝のたすきの渡し方について説明する選手たち
駅伝の実技指導では,「たすきを渡す時に一番大切なのは,たすきを受け取る人を思いやる気持ち」だと教えていただきました。

選手に質問するため手を挙げる生徒たちの様子
実技指導の後では,たくさんの児童・生徒たちが選手・コーチのみなさんへ質問をしていました。

しっかりメモをとる生徒たちの様子
児童・生徒たちは,選手・コーチのみなさんの言葉を真剣にメモしていました。

選手と記念撮影をする中学生選手と記念撮影をする小学生たち
最後に,選手・コーチのみなさんと記念撮影です。

関連情報

スポーツ組織と連携協力した人権啓発活動(法務省ホームページへリンク)

広島県人権啓発活動ネットワーク協議会

中国電力陸上競技部公式サイト

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ