ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 人権男女共同参画課 > 人権啓発ビデオ貸出リスト(E.障害者)

人権啓発ビデオ貸出リスト(E.障害者)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月22日更新
E.障害者
人権啓発ビデオ・DVD貸出リスト

E.障害者

No

タイトル

媒体

時間

内容

企画

制作

制作年度

利用者評価抜粋 

01

ぼくに涙はにあわない【ドラマ】

VHS

50分

 ラグビーの試合中の事故で首の骨を折り,手足の自由を奪われた高校生が,家族や友人などの励ましにより,何度もの手術,リハビリに耐え復学,卒業する姿を実話に基づき描いたもの。

 

共和教育映画社

1991年

02

心を結ぶ愛のハーネス【ドラマ】

VHS

55分

 視覚障害を持つ女性が盲導犬と出会い,盲導犬について理解が浅い世間の人々に理解してもらおうと,父親の死を乗り越えて5Kmのロードレースに挑戦し完走する。

 

共和教育映画社

1993年

03

風と大地と梨の木と【ドラマ】 第二章 カナエの結婚

VHS

40分

 たった一人の妹が障害のある人と結婚する,と報告を受けた主人公の心の動きを描き,障害のある人に対する偏見について考えさせるもの。

鳥取県

(有)オフィス・ヒューマンヒル

1997年

04

風のひびき【ドラマ】(字幕入り)

VHS

54分

 聴覚に障害のある奈緒が,ホームヘルパーとして働きながら,様々な現実の壁を体感し,悩みながらも心のバリアフリーを信じて前向きに生きていく姿を描く。

(財)人権教育啓発推進センター

東映

1999年

・耳に障害のあるナオがホームヘルパーとして働きながら様々な苦難を乗り越え前向きに生きていた。

05

明日へ 知的障害児と家族の絆

VHS

30分

 我が子の知的障害などに正面から取り組む4組の家族に接するとき,様々な成長への喜び,周囲の人たちへの影響など,命の尊さ,親子,兄弟姉妹といった家族の絆の素晴らしさと,障害のある人と社会の在り方を考えさせる。

東映

東映

1999年

06

内藤剛志の中学生トークライブ 全国中学生人権作文コンテスト入賞作品より

VHS

30分

 平成13年12月に発表された第21回全国中学生人権作文コンテスト中央大会の入賞作品の中から数点を選び,その作品を紹介すると共に,集まった中学生たちによるトークが展開される。

法務省人権擁護局
(財)人権教育啓発推進センター

岩波映像

2001年

08

バリアフリー社会を考えるシリーズ 耳の不自由な人に出会ったら

VHS

11分

 音が聞こえないことによって,道路や駅などで聴覚に障害のある人はいつも危険にさらされている。若者たちが試しに耳栓をして街に出て,想像以上に不便であることに気付く。

東映

東映

2001年

11

風の旅人【アニメ】

VHS

30分

 左手がわずかに動くだけの重度障害のある青年が,一人でベッド式車いすに乗って,多くの人に声をかけ手助けを受けながら,四国から大阪,東京と自由に生きていくことにより,人間の可能性と生きることの素晴らしさを見る者に感じさせる。

三重県,三重県人権問題研究所

(株)電通テック関西支社

2003年

・視点が単純で分かりやすかった。

17

18

19

自分らしく生きるために(DVD) みんながつながって

DVD

29分

 障害者の社会参加を進めるボランティア活動を通して,障害のある人の可能性と環境を見つめてみます。だれもが自分らしく生き生きと暮らすためにちょっとずつ助けあって,みんながつながっていく社会を考える。

広島県

広島テレビ

2005年

・福祉への気軽な参加というキーワードに関心が持てた。

・新しい障害者支援の形があるように感じた。

・広島県内の事例を取り上げているので、内容を身近に感じることができた。

・視聴者に共感を得やすい作品だった。

20

壁のないまち【ドラマ】(字幕入り)

VHS

35分

 交通事故で車いす生活になった男性が,妻と子どもの思いやボランティアとの交わりによって,障害者に対して間違った考えを持っていた過去の自分を反省し,前向きに生きていこうと考えるようになる。建物だけではなく心のバリアフリー化の大切さを,障害者のためだけではなくだれにでもやさしいユニバーサル社会の実現の観点から問いかける。

兵庫県,(財)兵庫県人権啓発協会

東映

2004年

・グループ討議ができた。

・障害者の考え方、環境だけでなく、心のバリアフリーを改めて認識させられるものであり、役立つものだった。

・テーマが絞られていて分かりやすい。

・身近な問題を取り上げた内容だった。

・グループ討議で活発な意見交換がしやすい内容。

・身体障害者についてよく分かった。

・活用ガイドもあり分かりやすかった。

・家族みんなで困難を乗り越えていくストーリーだった。

21

ノーマライゼーションを考えるシリーズ
「知的障害者」(字幕入り) 自立という選択

VHS

22分

 入所施設から自立をするための訓練をしているケース,グループホームで援助者のサポートを受けながら自立しているケース,自立を目指す障害者が入所施設から通勤しているケース,その入所施設で知り合い結婚して自分たちのマンションを購入したケース,それぞれのケースの中で,自立を希望する障害者の思い,自立のため金銭管理が必要条件となること,サポーターやアドバイザーの必要性などを解説する。

東映

東映

2004年

・テーマが絞ってあって良かった。

22

ノーマライゼーションを考えるシリーズ「身体障害者」(字幕入り) 社会に向けて自分を発信する

VHS

22分

 下半身不随ながら,独学でコンピューター技術を習得して,身体障害者向けのコンピューター技術講習を行っている人,福祉機器の輸入販売会社を設置した人,四肢形成異常の障害を持ちNPO職員として働きながら,身体障害者による劇団を結成し,「健常者」と「障害者」の垣根を取り払おうとしている人,手足の不自由な自分の日常を見てもらうために,サポートを体験するボランティアを募集した人,それぞれの方法で社会に向けて自分を発信する人たちにより,「健常者」と「障害者」のかかわり方を考えさせる。

東映

東映

2004年

・幾つかのエピソードが盛り込まれ,興味深い内容であった。

23

ノーマライゼーションを考えるシリーズ「精神障害者」(字幕入り) 歪んだイメージを問い直す

VHS

22分

 精神障害者の7割を占めるといわれる統合失調症の人たちに焦点を当てて,6年前に国の政策が変わるまで,数十年という長期入院を強いられてきた患者が,政策転換により,投薬治療で退院が可能な者は退院を勧めることになったこと。統合失調症は,完治しないが投薬により日常生活をほぼ問題なくすごせること。いろいろな形で社会復帰をしている現状を解説し,精神障害者に対する歪んだイメージをなくすことの必要性を訴える。

東映

東映

2004年

・研修ニーズに合致していた。

24

桃色のクレヨン【アニメ】(字幕入り)

VHS

28分

 小学校5年生の美奈子が,知的障害を持ついとこの雪のことで,ついうそをつき学校の友達に仲間はずれになるが,雪の優しさに触れることで「思いやりの心」やいろいろなことに気づき,また友達との仲を取り戻す。

法務省人権擁護局,(財)人権教育啓発推進センター

法務省人権擁護局,(財)人権教育啓発推進センター

2006年

25

今日もよか天気たい
【ドラマ】 支えあって生きるよろこび

VHS

35分

 人生の半ばで視力を失ったにもかかわらず,多くの人に支えられ,人の役に立つことで生きがいを感じるようになった女性を中心に,ある日のバスの中での乗客の言葉や態度などにより,乗客それぞれが心の中にある偏見や差別などに気づいていくというもので,見る者のこころを明るくしてくれる内容になっている。

福岡県,(財)福岡県人権啓発情報センター

共和教育映画社

2007年

・思いやりがあふれていた。

・分かりやすかった。

・グループ討議で意見が出やすい内容だった。参考になった。

26

構えない 隠さない 飾らない 障害者雇用 最前線

VHS

36分

 決められたから守る,義務だからやるというような消極姿勢とは無縁に,障がい者の隠れた「能力」豊かな「才能」に気づき,引き出し戦力化するための具体策を,特例子会社から地域の独立企業,街の洋菓子店まで,自前の知恵と工夫で障害者雇用に取り組む最新の7事例を通して紹介するもので,障がい者と社会の交わり方を考えさせられる。

株式会社フルーク

株式会社フルーク

2006年

・障害者の社会進出について,今後の在り方を示しているようだった。

・内容は良かった。少し映像が乱れる部分があった。

・障害者雇用について,既に取り組んでいる事例の紹介だった

・現状と課題についてほとんどふれられていなかった。

・意味が分からなかった。

27

はたらくココロ(DVD) おかやまAtarimaeプロジェクト

DVD

20分

 障害のある人の雇用促進のため,「障害のある人が当たり前に働けるおかやま」を実現するため,実際に職場で当たり前に仕事をしている障害のある方々へのインタビューと仕事の様子を記録したDVD。4つの職場と5人の方々が登場し,前向きに仕事や私生活を行っている姿を描いている。

岡山県(岡山県備前県民局)

岡山県備前圏域障害者就労ネットワーク連絡会・倉敷芸術科学大学

2009年

・障害者の方たちが、いきいきと働く姿を見ることができた。

・障害のある青年の働く姿勢がよく表れていた。

28

モップと箒(DVD)大阪発の障がい者雇用

DVD55分 知的障害者雇用の場は広がりつつある。しかし,働きたいのに働けない障害者は,まだ多く存在する。「エル・チャレンジ」(「大阪知的障害者雇用促進建物サービス事業協同組合」1999年(平成11年)発足)に関わった知的障害者と支援者の姿を一年半にわたり密着取材したドキュメンタリー作品。そこには,固く暗いイメージはなく,人と人とのつながりの中にぬくもりがあった。

大阪知的障害者雇用促進建物サービス事業協同組合

フルーク映像(株)

2011年

・大阪発の知的障害者雇用のドキュメンタリー。「エル・チャレンジ」という機関の日常の活動が描かれ、大変参考になった。

・研修に使用するのは難しい。

29風の匂いDVD34分スーパーマーケットで働く青年2人(健常者と障害者)の成長と職場の人間模様を通じて「合理的配慮」についても触れ,見る人が自分自身の問題として考えるきっかけとなるドラマ。兵庫県・(公財)兵庫県人権啓発協会東映(株)2016年

 計21タイトル

 ※ ビデオ・DVDの貸出状況のご確認は下記の「お問い合わせ」にある「広島県環境県民局人権男女共同参画課」までお願いします。(電話,ファクス,電子メールどれでも結構です。)

貸出し方法などはこちらをクリックしてください

ビデオライブラリーへ戻る人権啓発キャラクター人権イメージキャラクター人Kenまもるくん


県政ピックアップ