ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 人権男女共同参画課 > 人権啓発ビデオ貸出リスト(D.高齢者)

人権啓発ビデオ貸出リスト(D.高齢者)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月22日更新
D.高齢者

D.高齢者

NO

タイトル

媒体

時間

内容

企画

制作

制作年度

利用者評価抜粋 

02

少子高齢社会への対応 私たちに何ができるか

VHS

20分

 東京都江戸川区の子育て支援対策の紹介,女性が働きやすい職場環境の整備・充実,地域社会の活性化の必要性,高齢者の健康・生きがい対策や若年ボランティアの必要性,働く意欲のある高齢者の仕事の確保,必要性など,子どもを育てやすく,高齢者も健康で働きやすい社会環境の整備の重要性を解説する。

東映

東映

2001年

・よく分かった。

・製作年が古いため,介護制度や子育て支援制度などの説明が既に一般に周知されているものが多かった。

・資料としては不向きだった。

07

08

なごやかに ゆっくりと(DVD) タマさんの日々

DVD

29分

 息子夫婦と同居する認知症の母親と,息子夫婦,周囲の人たちとの関わりの在り方を通して,なごやかにゆっくりと過ごす高齢者問題の一つの在り方を紹介する。

広島県

広島ホームテレビ

2003年

・内容が分かりやすい。堅苦しくない。

・認知症の高齢者と暮らす息子とその妻のドキュメンタリーであるが、自分自身の問題として考える必要がある。

・高齢者の人権に関する問題点を浮き彫りにしながらも,重くなりすぎないのが良かった。

・認知症の老人と暮らす本当の家族のありのままの姿を捉えた内容は、心に訴えた。

・内容がよくまとまっていた。

・高齢者の認知症について,地域協力の必要性が学べた。

・分かりやすくかつ,参考にすることができた。

・身近な問題として捉えられないという意見があった。

・少し古い。

09

ぬくもりの彩【ドラマ】

VHS

36分

 脳梗塞の後遺症で身体が不自由になった母親を引き取り,同居することになった一家を巡り,高齢者と共に生きていくために必要なことは何かということを,同和地区の青年と祖父との出会いなどを絡めて,見る者に訴えかける。

滋賀県

共和教育映画社

2003年

・ドラマ形式で内容がよく分かった。

・見るだけで心が暖かくなった。

・お年寄りの介護を通じて家族の大切さや周りの人の優しさとは何かを考えさせらた。

15

ここから歩き始める 認知症をともに生きるDVD34分

高齢者問題を人の幸せと尊厳を守るという,人権視点から捉える。認知症の親を持つ主人公とその家族の中での,介護を巡る葛藤と絆のつむぎ直しを描き,高齢者が人間として誇りを持って生きる上での大切なことについて考える。 

兵庫県

東映(株)

 

 

 計5タイトル

※ ビデオ・DVDの貸出状況のご確認は下記の「お問い合わせ」にある「広島県環境県民局人権男女共同参画課」までお願いします。(電話,ファクス,電子メールどれでも結構です。)

貸出し方法などはこちらをクリックしてください

ビデオライブラリーへ戻る人権啓発キャラクター人権イメージキャラクター人KENまもるくん


県政ピックアップ