ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 人権男女共同参画課 > ヒューマンフェスタ2016ひろしまを開催しました!

ヒューマンフェスタ2016ひろしまを開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月13日更新

ヒューマンフェスタバナー

ヒューマンフェスタひろしまとは・・・

毎年12月の人権週間(12月4日~12月10日)中に開催している総合的な人権啓発イベントです!

【名称】平成28年度人権啓発フェスティバル「ヒューマンフェスタ2016ひろしま」

【テーマ】つなげよう あなたと わたしと みんなの笑顔

【日時】平成28年12月4日(日曜日)10時00分~17時30分

【会場】紙屋町シャレオ中央広場,広島県民文化センター,県立広島大学サテライトキャンパス広島,基町クレドふれあい広場,広島本通商店街

【主催】広島県人権啓発活動ネットワーク協議会(広島法務局,広島県,広島市,広島県人権擁護委員連合会,広島県社会福祉協議会,広島市社会福祉協議会), 広島県教育委員会,広島市教育委員会

当日のプログラム (PDFファイル)(1.12MB)

ヒューマンフェスタ2016当日の会場の様子を御紹介します!

雨の中,御参加・御協力いただいた皆様,どうもありがとうございました!

フェスタイベントバルーン
『エアーアーチ』で来場された方をお出迎えしました。このエアーアーチは,LGBTフラッグと同じ色が描かれていて,「一人ひとりの性の多様性を認め合い,誰もが過ごしやすい社会を実現してほしい」という願いが込められています。
広島県では,性的少数者への偏見や差別の解消を目指して,人権啓発指導者研修会を開催したり,広島県人権啓発冊子「広島県人権だより」を作成・配布しています。

紙屋町シャレオ中央広場

特別支援学校サポート隊によるひろしま表彰式
『特別支援学校就職サポ―ト隊推進企業表彰式』では,広島県立呉特別支援学校の生徒によるフラッブダンスや広島市立広島特別支援学校の生徒による合唱が会場を盛り上げ,特別支援学校高等部生徒の就労促進などに著しく貢献された株式会社フレスタの功績を称える表彰式が行われました。
【発表】広島県立庄原特別支援学校,広島県立呉特別支援学校
【受賞企業】株式会社フレスタ
【合唱】広島市立広島特別支援学校

さいねい龍二の人権相談室
『さいねい龍二の「さわやか人権セミナー」』では,「いじめ」や障害のある人と外国人を取り巻く人権問題について,様々なテレビ番組で活躍中のさいねい龍二さんと人権擁護委員でもある弁護士の足立修一さんがトークを繰り広げました。

お笑いコンビフリータイムと留学生による世界のおふくろ料理自慢
『フリータイム&留学生の「世界のおふくろ料理自慢」』では,モンゴル・メキシコ・ベトナム・イランから広島に来ている留学生が自国のおふくろ料理を披露し,お笑いコンビのフリータイムさんや来場者の方が試食しました。来場者の方からは「外国の人々との触れ合い」に喜びの声をいただきました。

けん玉ステージ
『けん玉ステージ』では,「けん玉道5段kendama shop&salon夢オーナーの砂原宏幸さんとNPO法人広島頸髄損傷Life Net理事長の徳政宏一さんなどが,様々なけん玉のパフォーマンスを披露しました。
車いすダンス
『車いすダンス』では,広島車いすダンスくらぶの皆さんが素敵な笑顔とともに華麗なダンスを披露してくださいました!
車いすダンスは障がい者と健常者が踊る喜びを共有するノーマライゼーションのひとつとしてヨーロッパで生まれ,楽しまれてきました。広島車いすダンスくらぶの皆さんは,車いすダンスを通じてバリアフリーな社会を目指し,近年は年間40回前後の対外活動を続けていらっしゃいます。
Hippyさんによるトークライブ
『Hippy live&トーク』では,テレビや映画,ドラマなど多方面で活躍中のHippyがステージを盛り上げました。

県立広島大学サテライトキャンパス・広島県民文化センター

 一日人権擁護委員委託式
『一日人権擁護委員委嘱式』では,各方面で御活躍されている3名の方が委嘱されました。
サンフレッチェ広島のサンチェ・フレッチェ,広島東洋カープのスライリー,人kenまもるくんと人kenあゆみちゃんが応援に駆けつけました。
【一日人権擁護委員】
・2016リオパラリンピック卓球女子日本代表 別所 キミヱさん
・広島東洋カープ 塹江 敦哉さん
・サンフレッチェ広島OB 久保 竜彦さん

別所キミヱ選手による講演会
『2016リオパラリンピック卓球女子日本代表 別所キミエさんの講演(演題:「私はまだ進化できる。」)』では,貴重な人生経験を交えながら,絶え間ない卓球に対する情熱や努力についてたくさんのお話をしていただきました。来場された方からは「別所さんのパワフルさに圧倒された!また,お話を聞きたい!」と感想をいただいています。

中学生人権作文表彰
『中学生人権作文表彰』では,第36回全国中学校人権作文コンテスト広島県大会最優秀賞の表彰が行われました。
【最優秀賞・広島法務局長賞】学校法人盈進学園盈進中学校 芳賀友香さん
【最優秀賞・広島県人権擁護委員連合会会長賞】廿日市市立七尾中学校 高垣茉那さん
入賞者による人権作文朗読発表
『中学生人権作文朗読発表』では,学校法人盈進学園盈進中学校 芳賀友香さんが広島法務局長賞受賞作品『「共に生きる」ということ』を,続いて,廿日市市立七尾中学校 高垣茉那さんが広島県人権擁護委員連合会会長賞受賞作品「ドナーカード」を朗読で発表しました。

いじめ防止実践発表
『いじめ防止実践発表会』では,「一人一人の命の大切に~いじめ防止・撲滅の取組~」と題し,各校の生徒から「いじめ撲滅キャンペーン」や全校集会などの取組が発表され,高知大学大学教育創造センター特任准教授 杉田郁代先生に講評していただきました。発表会には,アクターズスクール広島の応援団ユニット「SPL∞ASH スプラッシュ」の皆さんが会場に駆けつけ,会場を盛り上げてくれました。
【発表校】広島県立庄原特別支援学校,府中町立府中北小学校,福山市立精華中学校,広島県立佐伯高等学校

障害者差別解消講演会
『障害者差別解消講演会』では,講師に広島大学大学院社会科学研究科教授 横藤田 誠さんをお招きしました。
平成28年(2016年)4月から施行された障害者差別解消法が,私たちにどのように関わっており,障害のある人もない人も,誰もが暮らしやすい,共に生きる社会について,たくさんの貴重なお話をお聞きすることができました。

多文化共生の地域づくり講演会多文化共生の地域づくり講演会②
『多文化共生の地域づくりセミナー』では,講師に公益財団法人ひろしま国際センター研修部日本語講師 犬飼 康弘さんをお招きしました。
セミナーに参加された方々と外国人のゲストの方々が,「ゲームによる異文化体験」や「日本と母国の違い?日本の生活で困ったこと?広島はどんなところ?」といったテーマでコミュニケーションを通じて感じたことから「多文化共生」について,共に考え,たくさんの意見を交換されていました。

トップスひえろしまに所属するチームの紹介やユニフォームの紹介トップスひろしま展示物(拡大版)
『トップス広島(NPO法人広島トップスポーツクラブネットワーク)』の協力を得て,広島のトップスポーツチームをご紹介するコーナーを設置しました。
トップス広島は,広島に拠点を置くトップスポーツクラブ9団体が競技種目の枠を越え、連携して行動することにより、県民・市民にスポーツの素晴らしさや楽しさを伝え、夢と潤いのある「スポーツ王国ひろしま」の実現と地域の活性化に貢献することを目指しています。
平成28年度,広島県人権啓発活動ネットワーク協議会では,このトップス広島に所属されている9名の選手を起用して、人権啓発の合言葉「チーム人権!広島県!」が掲載されたポスターを作成しました。このポスターは、広島のトップスポーツチームが競技種目の枠組みを越え、一つのチームとして人権の大切さを訴えかけるものとなっています。県内のいろいろな場所に張ってありますので、ぜひ、このポスターを見つけてみてください。
【トップス広島9団体】サンフレッチェ広島,JTサンダース,ワクナガレオリック,広島メイプルレッズ,広島ガスバドミントン部,NTT西日本広島ソフトテニスクラブ,中国電力陸上競技部,コカ・コーラウェスト レッドスパークス,広島東洋カープ
人権啓発展示とパネル展示のコーナー
『人権啓発パネル展示・資料配布コーナー』では,様々な人権課題(女性,子ども,高齢者,障害者,同和問題,外国人,HIV感染者及びハンセン病患者・回復者等,犯罪被害者等,インターネットによる人権侵害,拉致被害者,性的マイノリティなど)をテーマごとに学ぶことができました。来場者のうち熱心な方は,関心のある資料をたくさんお持ち帰りになられていました。
人権啓発ビデオ上映コーナー様々な人権啓発課題を取り上げたビデオを上映しました。
困りごと相談コーナー人権に関する困りごとを人権擁護委員にゆっくり相談できるコーナーを設置しました。

基町クレド ふれあい広場

 身体障害者補助犬貸与式
『身体障害者補助犬貸与式』では,平成元年から広島県が実施する補助犬育成給付事業によって,身体障害者補助犬が貸与され,併せて,聴導犬のデモンストレーションも行われました。来場された方には,「ほじょ犬もっと知ってbook」リーフレットを配布して,身体障害者補助犬についての理解を深めていただきました。
【参加団体】広島ハーネスの会,社会福祉法人 広島県視覚障害者団体連合会,一般社団法人 日本聴導犬推進協会
一日擁護委員(塹江選手・久保選手)のトークショー
『一日人権擁護委員トークショー』では,スポーツの経験談を交えながら,人権に関するメッセージを送っていただきました。
【一日人権擁護委員】
・2016リオパラリンピック卓球女子日本代表 別所 キミヱさん
・広島東洋カープ 塹江 敦哉さん
・サンフレッチェ広島OB 久保 竜彦さん

大瀬戸千嶋のライブの様子大瀬戸千嶋ライブの様子②
『大瀬戸千嶋live&トーク』では,来場された方々を音楽で魅了するだけでなく,人権に関するメッセージも届けていただきました。
地元広島で結成された「大瀬戸千嶋」。現在,広島テレビ“テレビ派”番組テーマ曲や“広島県食育テーマ曲”をはじめ,テレビ,ラジオ,CMなどで楽曲を提供。「聴きやすい,親しみやすい,楽しめるステージ」をコンセプトにサックス&エレクトーンという新たなスタイルのポップなサウンドで,新世代インストゥルメンタル(※)アーティストとして全国で注目されています。また広島法務局・広島県人権擁護委員連合会主催の音楽人権教室にも協力しています。
(※)インストゥルメンタルは,ヴォーカルなどの声を使わず,楽器演奏だけでつくられる音楽です。

障害者スポーツ体験会(アンプティサッカー)
『アンプティーサッカー体験会』では,アンプティーサッカーチーム※「アフィーレ広島AFC」の皆さんによるデモンストレーションと体験会が行われ,障害者スポーツの魅力を伝えていただきました。
※アンプティーサッカーは,主に上肢・下肢の切断障害を持った選手がプレーするサッカーです。

スポーツ用車いすに試乗する来場者たち障害者スポーツ体験会(車いすバスケ)
『車いすバスケット体験会』では,車いすバスケットチーム「広島Dreams」の皆さんによるデモンストレーションと体験会が行われ,障害者スポーツの魅力を伝えていただきました。

広島本通商店街

広島のローカルアイドル,スプラッシュによる街頭パレード一日人権擁護委員による街頭パレード

広島県警音楽隊による街頭パレード
『街頭パレード』では,参加者の皆さんが,広島本通商店街を,広島県警察音楽隊の演奏に合せて,行進しました。
【参加者】
・2016リオパラリンピック卓球女子日本代表 別所 キミヱさん
・広島東洋カープ 塹江 敦哉さん
・サンフレッチェ広島OB 久保 竜彦さん
・アクターズスクール広島の応援団ユニット「SPL∞ASH」の皆さん
・お笑いコンビのフリータイムさん
・広島県警察音楽隊の皆さん

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ