ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > 人権・男女共同参画・青少年 > 人権啓発 > 「ヒューマンフェスタ2012ひろしま」を開催しました

「ヒューマンフェスタ2012ひろしま」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月25日更新

「ヒューマンフェスタ2012ひろしま」を開催しました

県民の皆様に,人権について身近に感じ,考えていただくことを目的として,平成24年度の人権啓発フェスティバル「ヒューマンフェスタ2012ひろしま」を開催しました。 
時折,雪混じりの冷たい風が吹く中,たくさんの人にご来場いただきました。

 

【テーマ】
つなげよう あなたと わたしと みんなの笑顔

【日 時】
平成24年12月9日(日曜日)
10時30分~17時00分(10時開場)

【会 場】
NTTクレドホール・基町クレドふれあい広場・
紙屋町シャレオ中央広場(広島市中区基町周辺)

【備 考】入場無料   託児・手話通訳・要約筆記あり  

人権イメージキャラクター

あゆみ人KENあゆみちゃん

サイン

まもる

人KENまもる君

チラシ表 チラシ裏

 ヒューマンフェスタ チラシ (PDFファイル)(6.97MB)


実施したイベント
実 施 時 間 帯内 容
NTTクレドホール(基町クレド11階) 定員700名・要約筆記・手話通訳あり 

10時30分

11時00分

■オープニングセレモニー
 アクターズスクール広島の皆さんによる歌と踊りのステージ
式式2 式3手話
 最後に,「世界に一つだけの花」を客席の皆さんと一緒に,手話を交えて合唱しました。
 ここから,「ヒューマンフェスタ2012ひろしま」がスタート!

■人権擁護功労賞表彰式
  株式会社 広島東洋カープが全国人権擁護委員連合会から感謝状を贈呈されました。
功労賞
株式会社 広島東洋カープ
 取締役 松田 一宏さん


 20年以上の永きにわたり,人権週間中に県内で開催
 する人権啓発フェスティバルなどに多くの選手を派遣。
 また,東日本大震災に起因する風評に基づく人権侵害
の予防を目的とした人権啓発活動に多大な貢献を
されました。

11時00分

11時30分

■一日人権擁護委員委嘱式&中学生人権作文表彰・朗読発表
  人権擁護委員は,人権相談を受けて,問題解決のお手伝いをしたり,法務局の職員と協力して人権侵害に
 よる被害者の救済をしたり,人権について関心を持ってもらえるような啓発活動を行っています。
  当日は,広島東洋カープの2人の選手(土生 翔平外野手,中村 憲外野手)に「一日人権擁護委員」として
お手伝いいただきました。
カープ 委嘱式2 
お2人とも,緊張の面持ちですね。

また,「全国中学生人権作文コンテスト」広島県大会の表彰式を行いました。
★表彰作品はラウンジで展示しました。

作文 作文2
作文3 

 なお,J1年間優勝したサンフレッチェ広島は,「FIFA
 クラブワールドカップジャパン2012」準決勝戦に参加
 のため,選手の出席はありませんでした。
代わりに,サンチェ君,フレッチェちゃんが登場!


 人KENまもる君,人KENあゆみちゃん,
 スライリーと一緒に記念撮影しました。 

11時40分

13時30分

■映画上映 「ソウル・サーファー」
 (文部科学省選定作品)日本語吹替え版・字幕あり
  サメに襲われ片腕を失いながらもプロを目指して再起 した実在のサーファー,ベサニー・ハミルトンの実話
 を映画化 した感動作。突然の悲劇に絶望しサーフィンと決別しようとするものの,競技者として復活を果たし
 た彼女の不屈の精神と家族のきずなを描いています。
    爽やかな感動を与えてくれる作品でした。
映画映画

13時30分

13時45分

■まなみのりさ ライブ
  ご当地アイドルNo.1に輝き,「ひろしま清盛美少女隊」を務める彼女たちのミニライブ
まなみまなみ02まなみ03 

 オリジナル曲を熱唱!
 時折,人権についての思いを交えながら・・・
 場内は,ファンの熱気で大いに盛り上がりました。 

★ふれあい広場(基町クレド11階),紙屋町
シャレオ中央広場のステージにも出演しました。

14時30分

15時00分

■人権標語・男女共同参画標語表彰式
  広島市が募集した「人権標語・男女共同参画標語」の優秀作品の表彰式を行いました。
標語標語1 
標語1

 優秀作品はラウンジに展示しており,
入賞作品をバックに記念撮影される人も
おられました。

15時00分

17時00分

■人権講演会 トーク&ライブ
  「~Love&Peace,優しさのアクション~」
  講師:原田 真二さん(音楽家)
原田 原田2
原田3 
 広島市出身の原田さん。
 小学校で学んだ平和教育と「いじめ」の問題に
 触れながらのトークでした。

 東日本大震災支援ライブを継続的に行い,一人
 一人の「やさしさ」のアクションの大切さを音楽を
 通じて訴えておられます。


 ピアノの弾き語りで大いに盛り上がり
 30分延長となりました。

ラウンジ(基町クレド11階) 定員70名・手話通訳あり

11時00分

12時30分

■セミナー「認知症を学び地域で支えよう」(認知症サポーター養成講座)
  講師:

講義 認知症サポート医
 野村 陽平さん(医療法人みやうち 廿日市野村病院)

寸劇 広島県認知症介護指導者
 石原 郁朗さん(社会福祉法人「ゼノ」少年牧場 生活支援センターほほえみ)
 伊藤 佳代子さん(ほっとステーション浦崎)
 河原 順子さん(公立みつぎ総合病院 介護老人保健施設 みつぎの苑)
  廣山 初江さん(社団法人 広島県介護福祉士会)

 講義や寸劇で具体的な事例を交えながら,認知症の人と家族を支援する「認知症サポーター」を養成する
講座を開催しました。
セミナー セミナー2
  毎年恒例のセミナーは大人気で,多くの人が熱心に聞き入っていました。
  認知症サポーター養成講座チラシ (PDFファイル)(414KB)

13時30分

15時00分

■セミナー「ホストマザーから学んだ,ホントの異文化コミュニケーション」
  講師:玉城 ちはる(シンガーソングライター)
  音楽活動と共にアジア地域の留学生支援活動として「ホストマザー」を務めた体験を基に異文化理解・
 コミュニケーションについてお話しされました。
  セミナー セミナー2
玉城さん

★ふれあい広場(基町クレド1階)でライブもありました。
また,紙屋町シャレオ中央広場では,彼女が代表を務める
「Each  feelings」による東日本大震災ボランティア活動の
様子を記録した写真を展示しました。

ロビーホワイエ(基町クレド11階)

11時15分

12時15分

■おはなし会
  子どもと大人が一緒に親子で楽しみながら,人権について話し合う機会の提供を目的に,広島ホームテレビ
 アナウンサー(渡辺 美佳さん,森本 晴香さん)によるおはなし会を実施しました。
  プロの読み聞かせに,みな聞き入っていました。
 本1 本2
図書 

 12月という時節柄,
 お2人の衣装はクリスマスカラーでしたね。


 おはなし会で使用した絵本は,会場に備え付けて
 自由に見てもらいました。

 ★紙屋町シャレオ中央広場でも実施しました。

終 日

■人権啓発資料・パネル展示
  人権に関する様々な資料を展示しました。
dl)4  パネル

■「ふれ愛プラザ」展示販売&ティールーム
  紙屋町シャレオ地下街にある「ふれ愛プラザ」から,障害者福祉施設において製作された心のこもった
セルプ製品を展示販売しました。 一息つける喫茶コーナーもありました。
プラザ2 きっと

■マツダコーナー
  マツダ株式会社の人権課題への取組みを紹介しました。
マツダ

■人KENまもる君&人KENあゆみちゃん(人権イメージキャラクター) 記念撮影&写真シールコーナー
■紙芝居・かざぐるま・カレンダー作りコーナー
  漫画家の「やなせたかし」さん作の人権イメージキャラクターと一緒に記念撮影をして写真シールを作り
完成した写真シールを使って,かざぐるまやカレンダー作りに挑戦しました。
  人権擁護委員の手作り紙芝居も人気でした。
シール シール2
カレンダー かざ

■人権クイズコーナー
  人権にまつわる様々なクイズに挑戦してみました。
クイズ

■人権啓発ビデオ上映コーナー
  様々な人権課題をわかりやすく紹介したビデオを上映しました。
ビデオ

■心配ごと相談コーナー
 ●人権擁護委員・司法書士が相談をお受けしました。
暮らしの中で起こる様々な問題(親子,夫婦,相続など)や,学校でのいじめ,近隣間でのもめ事など。
 ●広島県社会福祉協議会の職員が相談をお受けしました。
 日々の暮らしに必要な福祉サービスやお金の管理をお手伝いする福祉サービス利用援助の手続きや成年
後見制度など。 
★相談無料・秘密厳守

■サンフレッチェ広島コーナー
 素敵なサンフレグッズが当たる抽選会を実施しました。
抽選会に参加できる抽選券は,ふれあい広場(基町クレド1階)のキックターゲットに参加してゲットしました。
 お目当ての商品を狙って,1階と11階を何度も行き来する子どもたちもいました。
サンフレ サンフレ2

■ボーネルンドあそびの世界コーナー
  世界の遊び道具を使ったプレイスペースで,親子連れが楽しく遊びました。
ボーネ1 ボーネ2

ふれあい広場(基町クレド1階)

11時30分~
12時00分

■オープニング
  MMJ ライブ
  ローカルアイドルユニット「MMJ」のパフォーマンスでスタートしました!
mm MM2
  ★紙屋町シャレオ中央広場でもライブがありました。

12時20分~
12時50分

■玉城 ちはる ライブ
  広島県出身のシンガーソングライター。アジア地域の留学生支援活動として「ホストマザー」も務める彼女の
 ライブ。
  冷たい風にも負けない熱唱でした。
  ★ラウンジ(基町クレド11階)でセミナーも実施しました。
玉城1 玉城2

14時30分~
15時15分

■アクターズスクール広島 ライブ
  華やかな歌と踊りのステージ
  ★NTTクレドホール(基町クレド11階)のオープニングセレモニーに出演し,紙屋町シャレオ中央広場
 でのライブもありました。
アク1 アク2 アク2 

 冷たい風にも負けず元気いっぱい!

 ★NTTクレドホール(基町クレド11階)と紙屋町
  シャレオ中央広場のステージにも出演しました。

15時30分~
16時00分

■まなみのりさ ライブ
  ご当地アイドルNo.1に輝き,「ひろしま清盛美少女隊」を務める彼女たちのミニライブ 
まなみ1 まなみ2
まなみ3 

 小雪が舞う中,サイン会もありました。
 

 ★紙屋町シャレオ中央広場のオープニングライブ,
 NTTクレドホール(基町クレド11階)でのミニ
  ライブにも出演しました。

■サンフレッチェ広島  キックターゲット
  ロビーホワイエ(基町クレド11階)の「サンフレッチェ広島コーナー」の抽選会に参加できる抽選券をゲットしました!
キック キック2
キック3 キャラ

紙屋町シャレオ中央広場 手話通訳あり

11時00分~
11時30分

■オープニング
  まなみのりさ ライブ
   ご当地アイドルNo.1に輝き,「ひろしま清盛美少女隊」を務める彼女たちのミニライブ
  ★NTTクレドホール(基町クレド11階),ふれあい広場(基町クレド1階)でもライブを実施しました。
まなみ1 まなみ2

12時00分~
12時45分

■トークショー 
   「一日人権擁護委員」を務めていただいた広島東洋カープの2人の選手(土生 翔平外野手,中村
 憲外野手)によるトークショー
トーク1 トーク2

 試合や練習を通して感じた他者への思いやり,チームメイトの大切さなど,お2人が日ごろ感じている
ことを中心にお話しされました。
   

13時00分~
13時45分

■身体障害者補助犬貸与式
  広島県では,身体の不自由な方の社会参加を進めるため,毎年補助犬を育成し,貸与してきました。
  当日は,目の不自由な方の生活を支える「盲導犬」の貸与式を行いました。
犬1犬2犬3

 貸与を受けた方は,盲導犬との出会いを喜び,大切
にしたいと話しておられました。

 また,訓練士の方から,盲導犬のお仕事について
簡単なデモンストレーションを交えて,説明していただ
きました。

 普段見ることがない盲導犬を知ることができる良い
機会でした。

14時00分~
14時30分

■MMJ ライブ
    ローカルアイドルユニット「MMJ」のパフォーマンス
  ★ふれあい広場(基町クレド1階)のオープニングライブにも出演しました。 MM MM2
 

14時45分~
15時45分

■おはなし会
  子どもと大人が一緒に親子で楽しみながら,人権について話し合う機会の提供を目的に,広島ホームテレビ
 アナウンサー(渡辺 美佳さん,森本 晴香さん)によるおはなし会を行いました。 
  ★ロビーホワイエ(基町クレド11階)でも実施しました。

16時00分~
16時30分

■閉会イベント
  アクターズスクール広島 ライブ
  華やかな歌と踊りのエンディング
アク アク2
アク3

 お揃いの白い衣装が映えていました。

 ★NTTクレドホール(基町クレド11階)のオープニ
 ングセレモニーと,ふれあい広場(基町クレド1階)
  のライブに出演しました。

■東日本大震災を起因とする人権問題パネル展
震災 震災2
 「放射能がうつる」といった根拠のない噂話等による人権侵害を防ぐメッセージ
■「Each feelings(代表 玉城 ちはる)」による東日本大震災ボランティア活動写真
玉城 玉城2
 ボランティアの学生たちと一緒に被災地で支援活動を行った様子を記録した写真

★3つの会場(NTTクレドホール,基町クレドふれあい広場,紙屋町シャレオ中央広場)を回るクイズラリーやアンケート
  ラリーラリー2
  クイズ らりー3
 出演者のグッズが当たる抽選会などもあり,景品交換をする人で賑わっていました。

 来場者の声(アンケート回答から) 

 ・人権について考えるきっかけになった。
 ・人権について「知らない」という事に気づくことができた。
 ・イベントが沢山あって親しみやすかった。
 ・人権問題についての関心が高まった。 関心を持ち続ける事が大切だ。
 ・人権問題を普段考えることは少ないので,こういうイベントがあればまた参加したい。


- ありがとうございました -

このページに関連する情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ