ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

インターンシップ体験記(隣保館)

印刷用ページを表示する掲載日2014年9月12日

 こんにちは!私は,9月2日からインターンシップ生として人権男女共同参画課で人権啓発や男女共同参画推進について実習している学生です。
12日でインターンシップの最終日となりました。
9月2日から9月12日まで,人権男女共同参画課での業務体験を通して,社会人としての知識を増やすことが出来て良い刺激をもらうことが出来ました。
楽しく書くことが出来てよかったです。
見てくださった方ありがとうございます。

9月12日(金曜日)

隣保館(呉市広会館)に行きました。
実は私は,最初,隣保館のことを知らなかったために事前学習をして隣保館に向かったのです。
隣保館の説明を人権男女共同参画課の方と呉市広会館館長の方に詳しく聞くことが出来ました。

隣保館

隣保館は,地域福祉の向上や人権・同和問題の解決につなげることを目的に設置されました。
呉市広会館の活動は,国際交流や地域交流に力を入れて,活発に実施されています。
本日は,「地域交流事業外部リンク(岡山県HPへリンク)」の一環として企画された,「楽しく学ぶ減塩食 手打ちうどん教室」に参加させていただきました。

国際交流

地域交流

「楽しく学ぶ減塩食 手打ちうどん教室」
講師の方の説明を受けた後に,手打ちうどんの調理実習に参加しました。

手打ちうどんの説明の様子

皆さん,真剣に手打ちうどんを作っています。

手打ちうどんの調理実習の様子1

私も生地を麺棒で伸ばしていく作業をしたのですが,お母様方から熱血的な指導を受けました。
楽しく作業ができ,最後は薄く伸ばすことが出来ました。

手打ちうどん調理実習2

皆さんが楽しそうにうどんを作られている様子が,印象に残りました。

手うちうどん調理実習3

そして手打ちうどんの出来上がりです。
皆さんと一緒においしくいただきました。

手打ちうどんが完成

手打ちうどんづくりを通して皆さんと交流が出来て、楽しく調理実習をすることが出来ました。

集合写真

館長さんの熱意を感じ,地域に密着した隣保館という印象を受けました。
みなさんもお近くの隣保館を積極的にご利用ください。

本当にありがとうございました。

またお会いしましよう。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする