ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > 消費生活 > 消費者トラブル注意報 > 【速報】相談が急増した商品・サービス分野 トップ10(9月15日現在)

【速報】相談が急増した商品・サービス分野 トップ10(9月15日現在)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月23日更新

県内の消費生活相談窓口において受け付けた消費生活相談のうち,直近1か月で相談が急増している商品・サービス分野は次のとおりです。(相談件数の多い順ではありません。)

県内消費生活相談急増分野 トップ10(平成28年9月15日現在)

今回順位先回順位商品・サービス主な購入・契約方法

相談内容の例

11

デジタルコンテンツ

通信販売

スマートフォンに,有料動画サイトに登録し料金が未納のままだというSMSメールが来たので電話したところ,「1ヶ月の会費が7800円,9ヶ月滞納して総計9万円になっている,払わないと会員をやめる事ができない」と言われた。

23光ファイバー

電話勧誘販売

通信会社の代理店名を名乗り,プロバイダを変更しないかと電話がかかった。「プロバイダが不要。料金が安くなる。」と言葉巧みに勧誘された。結局断れずHPから転用承諾番号を取得し,申し込みをした。工事は1週間後に電話で連絡すると言われた。しかし後になって現在のメールアドレスを残す費用と電話番号を表示するサービスを利用すると,結局今までの料金と変化がないことがわかった。解約できるだろうか。
3圏外賃貸アパート

店舗購入

息子がアパートを借りたが,ゴキブリが多く,駆除剤を使っても駆除しきれなかったので,結局退去することにした。家賃と一か月分の家賃相当の違約金については了承したが,ゴキブリが気持ち悪くて一日も住めなかったのに,畳,ふすまの張替え代,ハウスクリーニング代等を請求されている。敷金は返還されず,さらに追加の費用を払わされるような請求書が届いた。納得できない。

4圏外商品一般不明・無関係国民消費者センターを名乗るところから,個人情報が漏れていると電話があった。以前にも「あなたの預金額はいくらですか」とかかってきたことがあった。おかしな電話ですぐ切った。気を付けようと思っていたが今回は公の機関を名乗ったので信用して話を聞いた。「通販会社他2社に個人情報が漏れている。削除を希望するかどうか検討してほしい。明日の9時に電話する。」といって切れた。明日どのように対応したらよいだろうか。
5圏外自動車運転教習所店舗購入免許取得のために自動車学校に通い始めた。しかし,自動車に関して何の知識もない私に丁寧に教えくれず,仮免の試験に落ちてしまい,再度受けるために,先に払った学費とは別に補習代と受験料を払った。結局一年間の受講期限を過ぎても免許を取る事ができなかった。お金を返してほしいと言ったが,返金はできないと言われた。
6 圏外興信所通信販売一昨日アダルトサイトに登録されシャッター音がして,30万円を請求される画面が表示された。夜間の無料弁護士相談に相談したら,無視するようアドバイスをもらった。それでも心配で消費者の相談窓口に相談しようと思って,ネットで調べて電話をしたところ,シャッター音がしたなら個人情報が漏れているので消す必要があるといわれ54000円で契約をし,書類を郵送してもらう事にした。これでよかったのだろうか。
7圏外駐車場店舗購入駐車場を借りている不動産会社から1か月以内に立ち退くよう言われた。契約期間は来年2月末まである。貸主の申し出と言われたが,明確な理由は言わなかった。契約書には「解約する場合は1か月以上前に申し出ること」と書かれている。別の駐車場を用意するといっているが離れているので不満。立ち退く必要があるのか。
8圏外国内募集型企画旅行

店舗購入

昨日,ツアー集合場所の空港に行くために高速バスを使った。途中,高速道でトレーラーの横転事故による積み荷の散乱により4時間通行止めになった。そのためツアーに参加できず,キャンセル料として50%請求された。解約料の請求をどこかにできないか。
9圏外フリーローン・サラ金店舗購入あまり深く考えず,12~3年前に消費者金融2社から,生活費の補てんのために借り入れた。すぐに限度額いっぱいになり,リボ払いだったので,返済しても元金はほとんど減らない状態で,返済するためにもう1社から借りた。借金のことは家族も知っており,協力して整理していくつもりだが,途中から返済できておらず,延滞金も合わせ,高額な債務になっている。弁護士から通知も来ている。どうしたらよいか。
10圏外冠婚葬祭互助会

不明・無関係

冠婚葬祭互助会へ長年掛け金を払い続けてきたが,今のところ利用することがないので,解約して返金してもらおうとした。返金額がかなり減額されると知った。掛け金が全額戻るのではないのか。

「有料コンテンツ利用料の未払いが生じている,本日中に連絡がなければ法的措置に移行する」などと記載したSMS(ショートメッセージサービス,電話番号宛に送信するメール)がスマホや携帯電話に届いたという相談が前回に続いて多い状況です。
SMSに記載された電話番号に連絡させ,「支払いをしないと裁判を起こす」などと言って焦らせ,金銭を支払わせようとする手口です。詐欺的な行為を行う者が,実在する事業者等をかたる場合があるので,名前に聞き覚えがあるからといって安易に信用せず,身に覚えのない有料サイトの請求には応じないようにしましょう。

また,光回線に関する相談も引き続き多い状況です。
光回線サービスの乗換え(転用)をする場合,契約先の事業者やプロバイダが変更になり,解約料が発生することがあります。契約は口頭でも成立するので,サービス内容がよくわからない場合,乗換えする必要があるかどうかわからない場合,勧誘が強引だと感じた場合には,その場ですぐ契約せず,契約内容を確認し,十分に検討を行うようにしてください。契約する意思がない場合は,曖昧な返事をせず,はっきりと意思表示することが大切です。

光回線契約については こちら(国民生活センターリンク)

契約に際してトラブルになった,不安なことがあるなどの際には,広島県生活センターまたはお住まいの市町消費生活相談窓口に相談してください。

電子メールでの相談も受け付けています。電子メール受付はこちらから

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ