ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > 消費生活 > 消費者トラブル注意報 > 【速報】相談が急増した商品・サービス分野 トップ10(1月16日現在)

【速報】相談が急増した商品・サービス分野 トップ10(1月16日現在)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月20日更新

県内の消費生活相談窓口において受け付けた消費生活相談のうち,直近1か月で相談が急増している商品・サービス分野は次のとおりです。(相談件数の多い順ではありません。)

県内消費生活相談急増分野 トップ10(平成29年1月16日現在)

今回順位先回順位商品・サービス主な購入・契約方法

相談内容の例

14

光ファイバー

電話勧誘販売

大手電話会社の光回線を利用している。4か月前にその業者名で電話勧誘があった。電話をかけてきた女性から「工事は不要で,基本料金も今より安くなる」と言われ,安くなるのであればと思い,言われるままにパソコンを操作した。その後契約書を受け取っていないので,契約先が変わったことに全く気が付かず,プロバイダが変更になるとも思っていなかった。解約料のことも知らなかった。解約したいと思うが,固定電話の番号が変わるのは困る。そもそも業者に電話をしても,混んでいて全く繋がらない。

21デジタルコンテンツ

通信販売

「有料サイトの料金が未納になっている。連絡をしなければ裁判手続きに移行する。」と書かれたSMS(ショートメッセージ)が届いた。無視していたが,続けて同様のSMSが届いた。このまま無視して大丈夫だろうか。
3圏外建物清掃サービス

訪問販売

下水道の点検と言って,民間業者が自宅を訪ねてきた。 家じゅうの水道から水を流してほしいと言われ,水を流した。「トイレの水が悪い。」と言われた。家の中に入ってもらった際に,「この家は築何年か。」とか「何人家族か。」などと質問されて,答えてしまった。今後の訪問が心配だ。

4圏外書籍通信販売

福祉関係者である。数日前にケアマネージャーが地域の高齢者宅で,皇室の写真集の請求書を見つけた。この方の代わりに「生活資金が不足しているから」と解約の希望を事業者に伝えたところ,合意の上だとしながらも送り返すことを承知した。しかしこの担当者とは以前にも同様のやり取りをした記憶がある。別会社だったとは思うが,なんとなく胡散臭い。悪質だと思うので,情報提供する。

5圏外電子ゲーム玩具通信販売

夫宛におもちゃのオンラインショップからの請求書が届いた。業者に問い合わせたところ,2週間ほど前に夫の名前で注文を受けており,配送も完了しているので支払ってほしいと言われた。注文した時に登録されているアドレスは夫も自分も覚えがない。商品は受け取っていないが,支払わなければならないのか。

6 圏外オンラインゲーム通信販売

小学生の子供が,私のクレジットカードを勝手に使って,オンラインゲームで課金をしていた。クレジットカードの高額な請求が届いて気が付いた。どうしたらいいだろうか。

7圏外塩干魚介電話勧誘販売先ほど高齢の母宛に,魚の干物が届いた。開封してみたが,請求書などは同梱されていない。差出人にも全く心当たりがなく,差出人の電話番号の記載もない。母は注文した覚えがないと言っている。どうしたらいいだろうか。
8圏外他の紳士・婦人洋服

通信販売

ライブでアーティストと同じ衣装を着るため,ネットで探したオーダーメイド業者数社から見積もりを取った。1社だけ他社より3割程度安い業者があったので,メールで依頼した。翌日,「先に代金を振り込むように」とメールが届いたので,その翌日振り込んだ。その後のやりとりを不審に感じたので,ネットで検索したところ,この業者の苦情がたくさん掲載されていた。よく考えてみると,衣装の写真は前から撮影されたもの1枚しか送っておらず,サイズなどの細かい打ち合わせもしていない。そもそもライブに間に合わなければ意味がないと思い,キャンセルのメールを送ったところ,8割のキャンセル料を請求された。全額返金してほしい。
9圏外他のデジタルコンテンツ通信販売

PCでネット検索していると突然警告ブザーが鳴り,「すぐに電話するように」というメッセージと電話番号が表示された。セキュリティに問題があるのかと思い,すぐに電話したが,片言の日本語を話すので不審に思い,途中で電話を切った。今後何か被害に遭うことがあるだろうか。

10圏外野菜飲料

通信販売

ネット通販で「お試しモニター募集」と書いてあった青汁を注文し,代金680円を支払った。昨日,また青汁が届き,3,780円を請求された。販売会社へ解約を伝えたところ,「定期コースなので,4回分の商品を受け取り解約するか,受け取った2回分について定価で支払うなら解約に応じる」と言われた。定期購入に関することは,注文画面の下の方に小さく書いてあり,わかりにくい。

光回線に関する相談が引き続き多く寄せられています。
光回線サービスの乗換え(転用)をする場合,契約先の事業者やプロバイダが変更になったり,解約料が発生することがあります。契約は口頭でも成立するので,サービス内容がよくわからない場合,乗換えする必要があるかどうかわからない場合,勧誘が強引だと感じた場合には,その場ですぐ契約せず,契約内容を確認し,十分に検討してください。契約する意思がない場合は,曖昧な返事をせず,はっきりと断ることが大切です。


建物清掃サービスなど点検商法に関する相談も増えています。
「無料で点検」などと言って訪問し,点検後に消費者の不安をあおり,工事や清掃などの契約を結ばせる手口です。一度契約すると次々と別の契約を迫られるケースもあります。安易に業者を家に入れないようにしましょう。 もしも,「特別に値引きする」などと言われても,その場で契約せず,家族や周囲の人に相談しましょう。必要がない場合は,きっぱり断ることが大切です。 また,契約後や工事完了後でも,クーリング・オフや契約の取り消し等ができる場合があります。困ったときは,お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。

契約に関してトラブルになった,不安なことがあるなどの際には,広島県生活センターまたはお住まいの市町消費生活相談窓口に相談してください。

電子メールでの相談も受け付けています。電子メール受付はこちらから

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ