ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 防災・安全 > 防災・安全 > 自分の身を守るために > 「夏休み家族で学ぶ防災教室」を開催しました!!

「夏休み家族で学ぶ防災教室」を開催しました!!

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

 表題

 家族で地震などの災害への備えを学ぶ「防災教室」を,県内4箇所で開催しました。
 このイベントは,家族で楽しく防災対策を体験していただくことにより,家庭において防災対策を実践していただくことを目的に開催しました。

 防災教室の様子はこちら  動画タイトルバー

よく分かる!! 防災のはなし  

  「防災のポイント」について話を聞き,実際に模擬体験を行いました。

ポイント1 気象情報など必要な情報を入手しよう!  

    気象情報などに注意して,早めに対策を取ることが大切です。    

「広島県防災Web」  
 最新の気象情報等を提供しています。


防災ウェブ

防災ウェブ体験

「広島県防災Web」を,みんなで見てみました。

 ポイント2 家の中の被害を防止しよう!   

      家の中の危険な場所を知って,対策しておくことが大切です。

危険な場所はこんなところです。
危険な場所

家具の固定体験

みんなで家具の固定(模擬体験)をしてみました。

災害発生時には,家具の転倒や食器,ガラスが散乱します。
散乱の様子

タマゴの殻体験

タマゴの殻を散乱したガラスに見立てて,靴を履いて避難する大切さを体験しました。

 ポイント3 危険な箇所(避難経路)・避難所を知っておこう!

     危険な箇所,避難所を家族で話し合っておくことで,安全な避難が可能となります。

危険な箇所はこんなところです。 危険な箇所1
        危険な箇所2

 避難経路図
みんなで安全な経路を考えて,避難経路図を作成してみました。

 ポイント4 家族との連絡方法を確認しておこう!

     地震などが発生すると,電話がたくさん使われ,つながりにくくなります。
     このような時,「災害用伝言ダイヤル」なら,家族と連絡を取り合うことができます。

   「災害用伝言ダイヤル」    伝言の録音:171+1+自宅の電話番号
    伝言の再生:171+2+自宅の電話番号

起震車に乗って,地震の揺れを体験しました。 

地震体験1 地震体験2

消防署の方から,消防車や消防資機材の説明を受けました。

消防体験1 消防体験2

お楽しみタイム

  最後にみんなで,防災教室の復習をかねて,「クイズ」と「家具固定器具の取付競争」を行いました。 
  おみやげは,非常食にもなるクッキー!ご家庭でも「非常食」を準備しておきましょう!! 

ダウンロード

 関連リンク


県政ピックアップ