ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 防災・安全 > 防災・安全 > 防災 > アンダーパス部等における「冠水する危険のある道路」の調査結果について
現在地トップページ > 分類でさがす > 防災・安全 > 防災・安全 > 自分の身を守るために > アンダーパス部等における「冠水する危険のある道路」の調査結果について

アンダーパス部等における「冠水する危険のある道路」の調査結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

1 目的

 平成20年8月16日,栃木県の東北自動車道高架下の市道が集中豪雨により冠水し,軽乗用車が水没し死亡事故が発生しました。また本県においても9月21日にマイクロバス等が走行不能となる事態が発生しました。
  こうしたことから「自動車等が水没する危険のある箇所」を把握し,事前の対応策を検討しておくことが重要となります。
 県民の皆様には,危険となる可能性がある箇所について認識いただくとともに,集中豪雨により道路が冠水している場合には,無理をして進入しないよう注意していただくことをお願いします。
 なお本調査での「冠水する危険のある道路」とは原則として「アンダー構造にて立体交差する箇所」としております。

2 調査対象

  1. 国管理道路
  2. 県管理道路
  3. 市町管理道路

3 調査結果

 アンダーパス部等における冠水危険箇所数 57箇所
 ※詳細は別添ファイル参照

ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ