ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

10月は土地月間です

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月20日更新

10月は土地月間です

国土交通省では,平成2年度から,土地基本法の趣旨を踏まえ,土地についての基本理念及び土地対策の重要性について,国民の皆さんの理解と関心を高めることを目的として,毎年10月を「土地月間」に,10月1日を「土地の日」と定め,普及・啓発活動を実施しております。

 「土地月間」ポスター等 → (一財)土地情報センター

一定面積以上の土地取引を行った場合は届出が必要です

 国土利用計画法は,土地の投機的取引や地価高騰を抑制するとともに,適正かつ合理的な土地利用の確保を図るため,一定面積以上の土地(一団の土地)について,土地売買などの契約を締結した場合に,土地を取得した方は,国土利用計画法により届出が義務づけられています。
 次の表のいずれかの土地について売買などの契約を締結した場合,契約締結日を含めて2週間以内に,届出書に必要事項を記載・押印の上,添付書類とともに土地が存在する市町の国土利用計画法担当課までご提出ください。

⇒ 一定面積以上の土地取引を行った場合(事後届出)

区分届出の必要な土地取引面積
市街化区域2,000平方メートル以上

その他の都市計画区域
(市街化調整区域・非線引都市計画区域)

5,000平方メートル以上
都市計画区域以外の区域10,000平方メートル以上

地価公示

 地価公示とは,地価公示法に基づき,国土交通省が,全国の都市及びその周辺地域などに標準的な地点を選び,鑑定評価員(不動産鑑定士など)の鑑定評価をもとに,毎年1月1日を基準日として,1平方メートル当たりの正常な価格を制定し公示する制度です。

⇒ 地価公示の結果(国土交通省「土地総合情報システム」)

地価調査

 地価調査とは,国土利用計画法施行令に基づき,県が毎年7月1日を基準日として,県下全域に基準地を設け,その1平方メートル当たりの価格を調査し公表するものです。
  この調査は,国が行う地価公示とともに,一般の土地取引に対して取引価格の指標を提供し,適正な価格の形成に寄与するものです。

⇒ 広島県地価調査の結果

不動産の無料相談会

 不動産鑑定士及び税理士による不動産の鑑定価格,賃料,交換,税金その他不動産に関するいろいろな相談を無料で行います。

⇒ 無料相談会の案内  ((公社)広島県不動産鑑定士協会

このページに関連する情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ