ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第2回四川国際姉妹都市「四川をアジワウ」サマーキャンプの参加者を募集します!

印刷用ページを表示する掲載日2018年6月13日
本県友好提携先の四川省から,8月9日(木)~14日(火)(6日間)の日程で「第2回四川国際姉妹都市『四川をアジワウ』サマーキャンプ」の案内がありました。
(現在公募している青少年交流事業とは別に実施されます)
このプログラムは,両県省の次代の交流を担う青少年の交流促進の一環として,県内の中学生・高校生を四川省に派遣し,現地の学生との交流やホームステイ等を通じて,相互の理解と友好親善を一層深めていただくものです。
中学生,高校生の皆さんの積極的な応募をお待ちしています!

1 事業概要

(1) 実施主体:四川省

(2) 派遣先:中国四川省成都市内

(3) 派遣期間:平成30年8月9日(木)から8月14日(火)

(4) 派遣人数:中学生・高校生合わせて14名程度 ※引率者1名を予定
(最少催行人数3名)

(5) 派遣先での活動
ア 学校交流:省内の高校を訪問し,交流会や課外活動等に参加
イ ホームステイ:訪問先高校の生徒宅へのホームステイ(2泊)
ウ 省内視察等:省政府等表敬訪問,歴史遺産等の視察,文化体験等

(6) 受入団体:四川省人民政府(外事僑務弁公室)

(7) 事前説明会,帰国報告会及び帰国報告書:詳細は,6及び7を参照

日次

活 動 内 容

宿泊先

8/9(木)

広島→福岡→上海→成都

成都市内ホテル
※引率者はホテルに5泊

8/10(金)

省内視察(歴史遺産,展示館等)
歓迎レセプション

成都市内ホテル

8/11(土)

省内視察(歴史遺産等)

成都市内ホテル

8/12(日)

学校交流
ホストファミリーとの交流

ホームステイ

8/13(月)

省内視察,中国文化体験(水墨画,茶道,太極拳等)
ホストファミリーとの交流

ホームステイ

8/14(火)

成都→上海→福岡→広島

2 応募資格

県内の中学校・高等学校に在籍する生徒で,次の条件を満たすこと。

(1) 派遣事業の全日程及び事前説明会,帰国報告会のすべてに参加できること。
(2) 心身ともに健康で,海外での規律ある行動及び団体生活並びに単独でのホームステイ等に支障がないこと。
(3) 派遣後は学校内外での派遣報告等に努めるとともに,広島県の国際交流活動に積極的に協力する意思を有すること。
(4) 保護者及び学校長から海外派遣の同意が得られること。

3 選考方法等

 書類審査により選考する。

(1)選考結果の通知

 平成30年7月11日(水)までに,各学校に通知する。

(2)選考の主な観点

  • 事業の趣旨・目的を十分に理解し,派遣先で積極的な交流ができるか。
  • 中国(四川省)との交流に関心があり,現地情報の収集や語学能力(中国語,英語等)の向上に励む等,現地での滞在が充実したものになるよう,自ら準備に努めることができるか。
  • 派遣後は学校内での派遣報告等に努めるとともに,広島県の国際交流活動にも積極的に協力できるか。

4 申込方法・期限

(1)  申込方法・期限

 下記(2)の申込書類を,平成30年7月5日(木)17時までに学校を通じて広島県へ提出すること。
 なお,提出された書類は返却しない。

(2)  申込書類等

(3) 提出先

〒730-8511広島市中区基町10-52 広島県地域政策局国際課国際交流グループ
TEL:082-513-2361 FAX:082-228-1614 e-mail:chikokusai@pref.hiroshima.lg.jp

5 参加経費

 渡航に係る日本国内交通費及び往復航空券は参加者の個人負担とする(負担額は105,000円程度。航空券及び広島駅から博多駅までの新幹線予約は広島県が行う)。中国国内の移動に係る交通費及び宿泊費・食費は四川省が負担する。以下の経費は参加者の個人負担とする。

(1) 派遣前の説明会等及び帰国後の報告会等の参加に係る交通費
(2) 旅券取得費用
(3) 海外旅行傷害保険加入費用
(4) 自宅から広島駅までの往復交通費
(5) 滞在中の医療費及び土産や通信費等の私的な費用
(6) その他,公式日程に含まれない活動に係る費用 など

6 事前説明会及び帰国報告会

以下のとおり実施する予定である。時間と場所など詳細については,選考結果と併せて通知する。

(1)事前説明会 ※保護者も御出席ください。また,予定を変更することがあります。

  • 内容:事業概要,訪問先の情報,中国語会話の基礎等
  • 開催日:平成30年7月14日(土)
  • 場所:広島市内

(2)帰国報告会 

  • 開催日:平成30年8月下旬
  • 場所:県庁

7 帰国報告書

参加者は帰国後1か月以内に,本派遣事業に参加した感想文(縦A4版横書き1枚程度,関連する写真1~2枚を含む)を作成し,学校を通じて広島県に提出する。

広島県は,提出された報告書をHP等に掲載する。

8 その他

(1) 現地へは引率者が同行し,また必要な通訳手配は行うが,通訳なしでも交流ができるよう各自努力すること。なお,ホームステイには引率者・通訳は同行しない。
(2) 派遣生徒には,主催者が実施する四川省との交流事業等において,事業を効果的に進めるため,体験談等の発表を求める場合がある。
(3) 派遣に先立ち,7月中旬に,四川省から青少年交流団(高校生)を受け入れる予定であり,受入れ内容によっては,この交流団の活動に参加していただく場合がある。
(4) 交流活動中の写真は,現地受入先及び主催者の広報資料等に掲載される場合がある。
(5) 申込書類は,参加者の選考のために利用されるほか,事業の実施のために利用される。このため,連絡先等の情報は,他の参加者及び事業関係者に提供されることがある。
(6) 国際情勢その他の理由により,本事業が延期又は中止になることがある。

昨年度の事業報告(広島県青少年交流団四川省派遣事業と同時開催)

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする