ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 国際課 > 記載事項変更旅券の申請

記載事項変更旅券の申請

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月20日更新

現在有効な旅券(パスポート)をお持ちの方が,氏名や本籍の都道府県名などの変更のために旅券を作り替える場合,現在の旅券の残りの有効期間を引き継ぐ旅券を選ぶことができます。 

1 申請

  • 次の書類を揃えて,住民登録されている市町の旅券窓口で申請してください。
申請書類

種類

備考

一般旅券発給申請書(記載事項変更用) 1通

  • 申請書はダウンロードできません。直接,各市町旅券窓口,県庁東館1階などで入手してください。
  • 申請書は,折ったり汚したりしないでください。
  • 黒ボールペンまたは黒インクで記入してください。
  • 黒であっても,消しゴムなどで消せるボールペンやインク,先の太いサインペンやマジックは使用しないでください。

戸籍謄本(全部事項証明)または抄本(個人事項証明) 1通

  • 6か月以内に発行されたもの。
  • 同一戸籍内の御家族が同時に申請される場合,戸籍謄本(全部事項証明)1通または申請者が連記された抄本(個人事項証明)1通で全員の申請ができます。
  • 戸籍謄本などは,本籍地の市区町村で入手してください。郵送による請求もできます。手続きは各市区町村にお問い合わせください。

写真 1枚

  • 6か月以内に撮影されたもの。
  • 必ず規格に合ったものを,裏面に氏名を記入し,貼らずにお持ちください。

⇒ 写真規格と写真例(外務省HP)

(注)自宅やコンビニなどのプリンターで印刷した写真は,見た目がきれいであっても旅券の画像が粗いものになるおそれがあるため,写真のお取り替えをお願いする場合があります。

日本国旅券
    • 申請者本人に代わって,代理人(引受人)が申請に必要な書類一式を提出できます。
       ◆ 申請書裏面の「申請書類等提出委任申出書」に記入が必要です。
       ◆ 代理人の本人確認書類(運転免許証,健康保険証など)を1点提示してください。
      (注)代理人(引受人)が代理提出できない場合もあります。詳しくはこちらをご覧ください。 
    • 未成年者が申請する場合は,申請者裏面の「法定代理人署名」欄に法定代理人(親権者など)の署名が必要です。
       
      ◆ 親権者などが遠隔地にいるなど「法定代理人署名」欄への署名が困難な場合には、親権者などが署名した「旅券申請同意書 (PDFファイル)(23KB)」を添付してください。
    • 申請窓口は住民登録をされている市・町です。 ⇒ 窓口一覧

     2 受領

    • 申請された窓口に必ず申請者本人が受取りに来てください。
    • 受取りに必要なもの
       ◆ 旅券受領証
       ◆ 手数料(下表を参照してください。)
    手数料額

    収入印紙(国)

    広島県手数料

    合計

    4,000円

    2,000円

    6,000円

    Adobe Readerダウンロード

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

    このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


    県政ピックアップ