ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > パスポート・外国人 > パスポート > 旅券(パスポート)申請のごあんない

旅券(パスポート)申請のごあんない

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月5日更新

広島県で旅券の申請ができるのは,原則,広島県内に住民登録している人のみです。

平成19年6月4日から,旅券の申請(お申込み)や交付(お受取り)の窓口は,住民登録されている市・町(学生や単身赴任者などで県外に住民登録されている人は居所がある市・町)となりました。

旅券(パスポート)は,日本国政府が,外国政府に対してあなたの国籍を証明し,安全な旅行ができるように保護と援助を要請する公文書です。
そのため申請から受領までには一定の手続きが必要です。
また,紛失したり盗難にあうと偽変造され,犯罪に利用される恐れがありますので大切に保管してください。

イメージ画像パスポくんの画像

 パスポくん

  • 緊急渡航や「刑罰等関係」に該当する場合を除き,旅券の申請や交付の窓口は,住民登録されている市・町です。
  • 出発や査証の手続きに間に合うよう,お早めに申請してください。
  • 旅券には有効期間が10年5年の2種類があります。申請日に20歳以上の人は,いずれかを選択して申請できます。申請日に20歳未満の人は,5年のものしか申請できません。
  • 旅券は有効期間満了日まで有効ですが,査証申請時や入国時に一定程度の残存有効期間を必要とする国もありますので,ご注意ください。詳しくは,日本国内にある渡航する国の大使館や総領事館でご確認ください。

米国に渡航される人はページ下部の【 注意事項 】もご覧ください。

【 手続案内 】

このほか,外国人との婚姻などでヘボン式ローマ字によらない氏名表記を希望する場合等は,事前に住民登録されている市・町にお問い合わせください。

【 注意事項 】 

【 関連リンク 】

関連情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ