ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 中山間地域振興課 > 「過疎地域自立促進方針」・「過疎地域自立促進県計画」の更新について

「過疎地域自立促進方針」・「過疎地域自立促進県計画」の更新について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月18日更新

1「過疎地域自立促進方針」及び「過疎地域自立促進県計画」の概要について

■位置づけ 

○「過疎地域自立促進方針」とは,過疎地域の自立促進を図るための施策の大綱であり,県・市町が「過疎地域自立促進計画」を定める際の策定指針です。

○「過疎地域自立促進県計画」とは,「過疎地域自立促進方針」に沿って,県が市町に協力して講じようとする措置の計画です。

■計画期間 

○平成28年4月1日から平成33年3月31までの5年間

■「過疎地域自立促進方針」の推進施策の全体概要

 過疎地域自立促進方針の施策の全体概要

■「過疎地域自立促進県計画」の概要

 「過疎地域自立促進県計画」は,県が市町に協力して講じようとする措置について取りまとめ,「過疎地域自立促進方針」で定めた体系別に掲載しています。

2 過疎地域の指定状況

公示市町…16市町(11市5町・うち一部過疎6市)
区分

全域過疎

府中市,三次市,庄原市,安芸高田市,江田島市,安芸太田町,北広島町,大崎上島町,世羅町,神石高原町 [5市5町]

一部過疎

呉市(倉橋,下蒲刈,蒲刈,豊浜,豊),三原市(大和,久井),尾道市(御調,瀬戸田),福山市(内海),東広島市(福富,豊栄,河内),廿日市市(吉和,宮島) [6市]

平成26年4月1日現在,過疎地域自立促進特別措置法に規定される過疎地域指定図 

過疎地域の現状 

過疎地域

出典

市町村数

23

16

面積

8,479.58平方キロメートル

5,365.14平方キロメートル

市町村別面積調(平成22年)

人口

2,860,750人

320,876人

国勢調査(平成22年)

ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ