ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国土調査について

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

地籍調査

地籍調査は,県土の計画的かつ効率的な利用を推進するため,一筆毎の土地について,その所有者,地番,地目の調査並びに境界及び面積の測量を行い,その結果を地図及び薄冊に作成するもので,土地取引や公共事業の円滑化,課税の公平化などに役立ちます。

平成23年3月に発生した東日本大震災でも,地籍調査の成果が災害復旧の迅速化に役立つことが期待されています。

―地籍調査にご協力を―

地籍調査を進めるためには,土地所有者の方などの立会や閲覧などが必要です。

市町が実施する地籍調査にご理解とご協力をお願いします。

立会 閲覧

地籍調査の詳しいことはこちらへ

地籍調査Webサイト→ 地籍調査ウェブサイトへのリンクバナー

土地分類調査・水調査

土地分類調査は,土地利用の可能性により分類する目的で,地形,表層地質,土壌などの主要な自然的要素,土地の利用現況及び土地の生産力に関する調査を行うもので,水調査は,治水,利水に資する目的で,水系ごとに降水量,水位,流量,利水状況の調査を行うものです。

その成果は,各種の土地利用・治水計画の策定などの基礎資料として利用されています。

※ 広島県の土地分類基本調査(縮尺5万分の1)の成果をご覧になりたい方は,県庁情報公開コーナー(県庁南館1階)でご覧いただくことができます。

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ