ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 県政情報・財政・統計 > 広島県の紹介 > 県の施設 > 広島県立総合技術研究所 東部工業技術センター 組織・沿革
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 商工業 > 研究開発 > 広島県立総合技術研究所 東部工業技術センター 組織・沿革
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 商工業 > 商業・工業 > 広島県立総合技術研究所 東部工業技術センター 組織・沿革

広島県立総合技術研究所 東部工業技術センター 組織・沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

トップ ご利用案内 試験・設備 組織・沿革 研究開発 刊行物

当センターでは地域の企業に密着した研究,技術相談,依頼試験などを行い,広島県の経済活動を支援いたしております。

■ 組織

■ 広島県立総合技術研究所 東部工業技術センター組織図

東部工業技術センター組織図

Top ↑

■ 部署

部署名

業務内容

電話番号

総務担当

庁舎管理,経理,庶務などの事務を担当します。084-931-2400

技術支援部

センターの総合窓口です。営業活動,企画調整,情報の収集と提供を行います。084-931-2402

材料技術研究部

ゴム,プラスチック,繊維などの材料技術分野,資源環境技術分野の調査,開発研究,技術支援を行います。 084-931-2907

加工技術研究部

金属材料・木質材料とその加工技術・計測技術,照明機器の光学特性評価,電磁波シールド技術,電子技術に関する分野の調査,開発研究,技術支援を行います。 084-931-2906

Top ↑

■ 沿革

■ 広島県立総合技術研究所 東部工業技術センターについて

  • 昭和62年4月に福山繊維工業試験場,工芸試験場,西部工業技術センター福山支所を統合して発足し,平成19年に広島県立総合技術研究所の設置に伴い,研究所を構成するセンターの一つとなりました。

Top ↑

■ 福山繊維工業試験場

年 月 出来事
明治40年5月 (1907) 農商務大臣より設立認可を受ける。
明治41年3月 (1908) 福山市西町に広島県工業試験場として設置。
大正3年3月 (1914) 広島市白島に広島分場を設置する。
大正7年4月 (1918) 総合試験場設置のため本場を広島県工業試験場染織部と改称し,染料部を増設する。 分場を染織支部と改める。
大正8年4月 (1919) 広島県福山工業試験場に改称される。
大正9年4月 (1920) 広島分場は広島工業試験場に合併する。
昭和11年8月 (1936) 福山市野上町に庁舎を移転する。
昭和19年3月 (1944) 図案部を廃止する。
昭和19年5月 (1944) 広島県工業指導所福山支所と改称する。
昭和20年2月 (1945) 広島県工業研究所福山支所と改称する。

昭和20年8月(1945)

本所が原爆で壊滅したため,科学・金属・食糧に関する業務を福山支所で行う。
昭和22年1月 (1947) 広島県福山工業試験場に名称復元する。
昭和42年4月 (1967) 広島県立福山繊維工業試験場と改称する。
昭和62年3月 (1987) 組織改正(広島県立東部工業技術センターとしての発足)のため,閉庁。

Top ↑

■ 工芸試験場

年 月 出来事
昭和28年4月(1953) 広島県立木履指導所として設立する。
沼隈郡松永町(現,福山市松永町)に庁舎を竣工する。
昭和33年4月(1958) 広島県立木工指導所と改称する。
昭和43年3月(1968) 府中市中須町に府中事務所を設置する。
福山市柳津町に新庁舎竣工,移転する。
昭和47年3月(1972) 広島県立工芸試験場に改称する。
府中事務所に木工開放試験室を設置する。
昭和62年3月(1987) 組織改正(広島県立東部工業技術センターとして発足)のため,閉庁。

Top ↑

■ 西部工業技術センター福山支所

年 月 出来事
昭和24年11月(1949) 呉市公園通に広島県立呉工業試験場を設置する。
昭和39年4月(1964) 福山市野上町に福山支場を設置する。
昭和40年5月(1965) 福山市山手町に庁舎を新築移転する。
昭和59年4月(1984) 広島県立西部工業技術センター福山支所に改称する。
昭和62年3月(1987) 組織改正(広島県立東部工業技術センターとして発足)のため,閉庁。

Top ↑

■ 広島県立東部工業技術センター

年 月 出来事
昭和62年4月(1987) 広島県立東部工業技術センターを設置する。
事務所は,各々旧試験場(支所)に分散する。
昭和63年7月(1988) 福山市東深津町三丁目2番39号に庁舎を新築,移転する。
平成2年3月(1989) 地域システム技術開発事業により地域システム普及センターを増設する。
平成5年4月(1993) 組織の一部を改正し,企画管理部,機械金属部,電子応用部,工業デザイン部, 木材工業部,繊維工業部,工業化学部とする。
平成11年4月(1999) 組織の一部を改正し,企画管理部,応用加工技術部,情報技術部,材料技術部, 産業デザイン部,生活技術部とする。
平成16年4月(2004) 県内8試験研究機関が一元化され、総務企画部の地方機関となる。
平成18年4月(2006) 行政機構改編に伴い,政策企画部の地方機関となる。

Top ↑

■ 広島県立総合技術研究所 東部工業技術センター

年 月 出来事
平成19年4月(2007) 県内8試験研究機関を統合し,広島県立総合技術研究所を設置する。
施設は,各々のセンターに分散する。

Top ↑

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ